ニュース
» 2020年06月22日 13時45分 公開

「香川県ゲーム条例」反対署名活動を行っていた高校生が違憲訴訟に向けクラウドファンディングを開始 目標金額は500万円

記事執筆時点で支援総額約180万円が集まりました。

[だいごろう,ねとらぼ]

 4月1日より施行された「香川県ネット・ゲーム依存症対策条例」に反対の署名活動を行っていた同県の高校生、渉(わたる)さんが違憲訴訟に向けてクラウドファンディングを開始しています。


クラウドファンディング 渉さんが開始したクラウドファンディング「香川県ゲーム条例が憲法違反の確認と、議員の立法不作為責任を求める国家賠償請求訴訟」(GoodMorningより)


 渉さんはネット上で反対の署名活動を行い、529人分の署名を香川県県議会事務局に提出。今回は「香川県ゲーム条例」が憲法違反であることを確認し、議員の立法不作為を求める国家賠償請求訴訟を行うため、クラウドファンディングを開設しました。


署名 反対署名活動「香川県のゲーム禁止条例制定を阻止しよう。」(Change.orgより)

 資金の用途は、弁護士報酬、成功報酬、印紙代、憲法学者の意見書作成、その他調査費用や実費用に充てるとのこと。提訴時期は9月を予定しています。

 クラウドファンディングは目標金額を達成せずに終了した場合でも集まった分だけ支援金を受けとれる方式です。リターンは1000円でお礼のお手紙、報告活動メール、報告会への参加権利が得られます。記事執筆時点の支援者数は539人、支援総額は約180万円集まっています(目標金額は500万円)。募集終了まで残り62日。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10