ニュース
» 2020年06月23日 15時30分 公開

“猫モーション”って何? 「泣きたい私は猫をかぶる」で動き回る猫たちの秘密を聞いてみた

「猫モーションデザイン:横田匡史」というクレジット。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 劇場公開予定から一転、Netflixで6月18日から全世界独占配信となったスタジオコロリドのアニメーション映画「泣きたい私は猫をかぶる」。アニメらしい愛くるしいデザインとリアルな動きが調和した猫の姿も好評ですが、エンドロールの「猫モーションデザイン」という聞き慣れない言葉にその秘密が隠されていました。

泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史 Netflixで6月18日から配信されている「泣きたい私は猫をかぶる」

 同作は、「ペンギン・ハイウェイ」(2018年公開)で注目を集めたアニメーションスタジオ「スタジオコロリド」の長編アニメーション映画第2弾。もともとは6月5日に劇場公開予定でしたが、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の状況を踏まえ、Netflixでの全世界独占配信に切り替えるという決断も話題となりました。

 原作がある「ペンギン・ハイウェイ」と異なり、オリジナルのアニメ作品として制作された同作は、猫に変身できる不思議なお面を手に入れた中学2年生のヒロイン・ムゲ(CV.志田未来)と、ムゲが思いを寄せるクラスメートの日之出賢人(CV.花江夏樹)を中心に、“猫”の世界を通して繰り広げられる青春ファンタジー。ストーリーもさることながら、ムゲが変身した猫の「太郎」を中心に、劇中で生き生きと動き回る猫たちには並々ならぬこだわりが見て取れます。

泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史
泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史

かわいい太郎の動きを堪能できるPV

 エンドロールで「猫モーションデザイン」としてクレジットされているのが、作画監督の横田匡史さん。スタジオジブリでアニメーターとしてのキャリアをスタートさせ、その後もテレビアニメ「七つの大罪」「僕だけがいない街」「魔法使いの嫁」などでも作画監督を担当した人物です。

泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史 横田さんが配信開始前に寄せたイラスト

 猫の歩きや走り、人間から猫へ変身するときの様子、猫から人間に戻るときの動きなど、動作パターンの設定化を担当した横田さん。歩行だけでみても、常足や速歩、走りの中で宙に浮く回数でシングルとダブルの違いがある襲歩(ギャロップ)などがありますが、そうした“動作パターンの設定化”こそが「猫モーション」の肝といえそうです。なぜ設定化が必要だったのでしょうか。

 「猫の魅力の1つとして動きのしなやかさがあると思いますが、骨格を理解しただけではそれらしい動きは描けない」と横田さん。そうした動きを表現するには、意識的に観察を繰り返して特徴をつかむ必要があるとしながらも、「最近は、(自分も含めて)動物を描き慣れていないアニメーターの方が圧倒的に多い」と謙遜しながら現状を説明。「歩きや走りといった基本動作はある程度共通認識として設定化しておかないとまずいと思いました」と、猫モーションの重要性を語っています。

 同作の絵コンテを初めて見た際には、要求されているレベルの高さに驚きつつも、「猫アクションとキャラクターの感情芝居が自分に要求されていることなのだろうと思いました」と話す横田さん。「ひたすら猫だけ描いている時期が半年くらい続いたときは、さすがに少ししんどかった」と正直な心境も吐露してくれました。

泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史

 同作は、「美少女戦士セーラームーン」「おジャ魔女どれみ」などで知られる佐藤順一さんと、長編監督デビューを飾った柴山智隆さんのダブル監督。横田さんは、「佐藤監督は、猫の毛の質感処理にかなりこだわっていたように思います。柴山監督は仕事量が膨大過ぎて、本当はもっとこだわりたいけど時間がない……っ! と苦悩していたことの方が多かったように思います」と制作当時を振り返りながら、2人のこだわりの違いを説明しました。

 そんな横田さんに「もしムゲのように猫になれたら何をしたいか?」と質問してみたところ、「何もせずにゴロゴロしていたい。でもきっとすぐに飽きて、人間に戻りたくなると思います」とのこと。そんな横田さん渾身(こんしん)の「猫モーション」で生き生きと動き回る猫たちも、知られざる同作の見どころです。

泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史

泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史 泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史 泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史 泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史 泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史 泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史 泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史

(C) 2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」