“猫モーション”って何? 「泣きたい私は猫をかぶる」で動き回る猫たちの秘密を聞いてみた

「猫モーションデザイン:横田匡史」というクレジット。

» 2020年06月23日 15時30分 公開
[西尾泰三ねとらぼ]

 劇場公開予定から一転、Netflixで6月18日から全世界独占配信となったスタジオコロリドのアニメーション映画「泣きたい私は猫をかぶる」。アニメらしい愛くるしいデザインとリアルな動きが調和した猫の姿も好評ですが、エンドロールの「猫モーションデザイン」という聞き慣れない言葉にその秘密が隠されていました。

泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史 Netflixで6月18日から配信されている「泣きたい私は猫をかぶる」

 同作は、「ペンギン・ハイウェイ」(2018年公開)で注目を集めたアニメーションスタジオ「スタジオコロリド」の長編アニメーション映画第2弾。もともとは6月5日に劇場公開予定でしたが、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の状況を踏まえ、Netflixでの全世界独占配信に切り替えるという決断も話題となりました。

 原作がある「ペンギン・ハイウェイ」と異なり、オリジナルのアニメ作品として制作された同作は、猫に変身できる不思議なお面を手に入れた中学2年生のヒロイン・ムゲ(CV.志田未来)と、ムゲが思いを寄せるクラスメートの日之出賢人(CV.花江夏樹)を中心に、“猫”の世界を通して繰り広げられる青春ファンタジー。ストーリーもさることながら、ムゲが変身した猫の「太郎」を中心に、劇中で生き生きと動き回る猫たちには並々ならぬこだわりが見て取れます。

泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史
泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史

かわいい太郎の動きを堪能できるPV

 エンドロールで「猫モーションデザイン」としてクレジットされているのが、作画監督の横田匡史さん。スタジオジブリでアニメーターとしてのキャリアをスタートさせ、その後もテレビアニメ「七つの大罪」「僕だけがいない街」「魔法使いの嫁」などでも作画監督を担当した人物です。

泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史 横田さんが配信開始前に寄せたイラスト

 猫の歩きや走り、人間から猫へ変身するときの様子、猫から人間に戻るときの動きなど、動作パターンの設定化を担当した横田さん。歩行だけでみても、常足や速歩、走りの中で宙に浮く回数でシングルとダブルの違いがある襲歩(ギャロップ)などがありますが、そうした“動作パターンの設定化”こそが「猫モーション」の肝といえそうです。なぜ設定化が必要だったのでしょうか。

 「猫の魅力の1つとして動きのしなやかさがあると思いますが、骨格を理解しただけではそれらしい動きは描けない」と横田さん。そうした動きを表現するには、意識的に観察を繰り返して特徴をつかむ必要があるとしながらも、「最近は、(自分も含めて)動物を描き慣れていないアニメーターの方が圧倒的に多い」と謙遜しながら現状を説明。「歩きや走りといった基本動作はある程度共通認識として設定化しておかないとまずいと思いました」と、猫モーションの重要性を語っています。

 同作の絵コンテを初めて見た際には、要求されているレベルの高さに驚きつつも、「猫アクションとキャラクターの感情芝居が自分に要求されていることなのだろうと思いました」と話す横田さん。「ひたすら猫だけ描いている時期が半年くらい続いたときは、さすがに少ししんどかった」と正直な心境も吐露してくれました。

泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史

 同作は、「美少女戦士セーラームーン」「おジャ魔女どれみ」などで知られる佐藤順一さんと、長編監督デビューを飾った柴山智隆さんのダブル監督。横田さんは、「佐藤監督は、猫の毛の質感処理にかなりこだわっていたように思います。柴山監督は仕事量が膨大過ぎて、本当はもっとこだわりたいけど時間がない……っ! と苦悩していたことの方が多かったように思います」と制作当時を振り返りながら、2人のこだわりの違いを説明しました。

 そんな横田さんに「もしムゲのように猫になれたら何をしたいか?」と質問してみたところ、「何もせずにゴロゴロしていたい。でもきっとすぐに飽きて、人間に戻りたくなると思います」とのこと。そんな横田さん渾身(こんしん)の「猫モーション」で生き生きと動き回る猫たちも、知られざる同作の見どころです。

泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史

泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史 泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史 泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史 泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史 泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史 泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史 泣きたい私は猫をかぶる 泣き猫 猫モーション スタジオコロリド 横田匡史

(C) 2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  2. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  3. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  4. /nl/articles/2407/19/news021.jpg 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2407/18/news032.jpg ヤマト運輸から届いた“予告状”に7万いいね 逆怪盗キッドという発想に「オモロすぎる」「センス良すぎて笑ったwww」
  6. /nl/articles/2407/14/news001.jpg 「結局、ホテルの布団はキレイにしたほうがいい?」 ホテル従業員の回答を覚えておきたい
  7. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  8. /nl/articles/2407/17/news033.jpg 「保育園の先生に褒められまくってる」 息子のために義母が作ってくれたズボンが「センスある」「かわいい」と大人気
  9. /nl/articles/2407/19/news133.jpg そういうことか……! 道で見つけた“JPEG画像”みたいなフタ → 意味が分かると笑っちゃう例えに「うまいww」「センス良すぎ」
  10. /nl/articles/2407/18/news161.jpg 「笑ったww」「とんでもねぇ」 AIの指示通りにメイクしてみたら……? 衝撃すぎる仕上がりに爆笑「1周まわって芸術」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」