ニュース
» 2020年06月23日 19時00分 公開

ロケットのようなバイク「アパルーサ V2.0」がアイスレースに参戦 時速180キロでロシア・バイカル湖を爆走 (1/2)

魔改造コンチネンタルGTこと「ウルトラタンク」も参戦しています。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 極寒のシベリアで、氷上をかっ飛ばすために作られた氷上仕様バイク「Appaloosa(アパルーサ) V2.0」が話題になっています。

photo 氷上仕様の高速バイク「アパルーサ V2.0」(写真:インディアン)

 アパルーサは、米国のバイクブランド「インディアンモーターサイクル」がベルギーのカスタムショップ「Workhorse Speedshop」に依頼して製造(関連記事)された特製マシン。インディアンの「スカウト・ボバー」をベースに、ドラッグレース向けのカスタムを行っています。

 そのアパルーサを氷上仕様にしたのが、このアパルーサ V2.0。氷上を走るため、スパイクタイヤを装備しているほか、エンジンを冷やさないようにノーズキャップの先端を作り直すなど、さらなるカスタムが加えられています。

photo ロケットのような外観はそのままにまざまな部分でカスタムが行われています(写真:インディアン)

 アパルーサ V2.0はシベリアのバイカル湖で行われるレース「Baikal Mile 2020」に出場するため作られました。氷上でのレースはアパルーサ V2.0にとっても未知の体験。テスト走行では、タイヤスタッドがバイクの車体に接触するなどのトラブルが発生したそうです。それでも最終的には、氷上でも時速180キロの速度を記録。期待通りの走りをみせました。

photo Baikal Mile 2020の会場写真(写真:インディアン)
レース時の様子を撮影した「IndianxWorkhorse Appaloosa v2.0 at the Baikal Mile 2020」

 ちなみに、今回のBaikal Mile 2020には、無限軌道を付けたロシアの魔改造コンチネンタルGT「ウルトラタンク」(関連記事)も参戦しています。これだけぶっ飛びマシンがそろうレース、直接見たかった……!

photo 「Baikal Mile 2020」に出場したウルトラタンク(画像はYouTubeより)


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/05/news018.jpg ひぇ……! 橋がポッキリ折れる インドで重機を積んだトラックが巻き込まれた崩落事故の映像がこわい
  2. /nl/articles/2007/05/news023.jpg 「玄米2合はやべえ」 つけもの、汁物、手前みそ、塩、玄米2合――社会学博士が作った「江戸時代のごはん」がとんでもない破壊力
  3. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  4. /nl/articles/2007/05/news026.jpg 「ダメだ、どんどん不気味なものが出来ていく」 こしあんを注射器で注入したら閲覧注意な水まんじゅう誕生
  5. /nl/articles/2007/04/news037.jpg 「寝かしつけあるある」「再現度高すぎて笑う」 エヴァ初号機がシルバニアの赤ん坊を寝かしつけるコマ撮りアニメがリアル
  6. /nl/articles/2003/29/news017.jpg 2台のクルマが事故……と思いきや トヨタ製ピックアップトラックが起こした事故がえげつない 米コロラド
  7. /nl/articles/2007/05/news010.jpg 「姉が小説をpixivに上げてる」 従姉妹からの相談に笑うことしかできなかった実録漫画に「血は争えない」
  8. /nl/articles/2007/05/news027.jpg 帰宅してお父さんがいるのを見た女の子は……? 娘さんに仕掛けたドッキリのリアクションが最高にかわいい
  9. /nl/articles/2007/03/news009.jpg 彼女にフラれては飼い猫に泣きつく男子 ラブコメ漫画と思いきや……思わぬ展開にゾクッ
  10. /nl/articles/2007/04/news023.jpg 「俺はガンダムで行く!」で公式アカウントたちがガンダムで行き過ぎた 「レディ・プレイヤー1」の地上波放送に合わせて歴代ガンダムが参戦