ニュース
» 2020年06月23日 19時00分 公開

ロケットのようなバイク「アパルーサ V2.0」がアイスレースに参戦 時速180キロでロシア・バイカル湖を爆走 (1/2)

魔改造コンチネンタルGTこと「ウルトラタンク」も参戦しています。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 極寒のシベリアで、氷上をかっ飛ばすために作られた氷上仕様バイク「Appaloosa(アパルーサ) V2.0」が話題になっています。

photo 氷上仕様の高速バイク「アパルーサ V2.0」(写真:インディアン)

 アパルーサは、米国のバイクブランド「インディアンモーターサイクル」がベルギーのカスタムショップ「Workhorse Speedshop」に依頼して製造(関連記事)された特製マシン。インディアンの「スカウト・ボバー」をベースに、ドラッグレース向けのカスタムを行っています。

 そのアパルーサを氷上仕様にしたのが、このアパルーサ V2.0。氷上を走るため、スパイクタイヤを装備しているほか、エンジンを冷やさないようにノーズキャップの先端を作り直すなど、さらなるカスタムが加えられています。

photo ロケットのような外観はそのままにまざまな部分でカスタムが行われています(写真:インディアン)

 アパルーサ V2.0はシベリアのバイカル湖で行われるレース「Baikal Mile 2020」に出場するため作られました。氷上でのレースはアパルーサ V2.0にとっても未知の体験。テスト走行では、タイヤスタッドがバイクの車体に接触するなどのトラブルが発生したそうです。それでも最終的には、氷上でも時速180キロの速度を記録。期待通りの走りをみせました。

photo Baikal Mile 2020の会場写真(写真:インディアン)
レース時の様子を撮影した「IndianxWorkhorse Appaloosa v2.0 at the Baikal Mile 2020」

 ちなみに、今回のBaikal Mile 2020には、無限軌道を付けたロシアの魔改造コンチネンタルGT「ウルトラタンク」(関連記事)も参戦しています。これだけぶっ飛びマシンがそろうレース、直接見たかった……!

photo 「Baikal Mile 2020」に出場したウルトラタンク(画像はYouTubeより)


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/20/news078.jpg ざわちん、“6時間”かけた『鬼滅の刃』炭治郎&禰豆子コス披露 悪戦苦闘したメイクには「おでこだけ似とる……」
  2. /nl/articles/2010/19/news112.jpg 「クオリティがひどい」「傷が入っている」 指摘相次いでいた「名探偵コナン」スノードーム、販売元が返金対応を決定
  3. /nl/articles/2010/20/news079.jpg 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  4. /nl/articles/2010/19/news147.jpg ハイジとは……(困惑) 牧歌的要素ゼロの映画「マッド・ハイジ」、ティーザー映像から漂うトガりっぷりが狂気のレベル
  5. /nl/articles/2003/06/news126.jpg 「めちゃくちゃ再現度高い」「やばすぎる…まんまじゃん…」 叶美香、『鬼滅の刃』甘露寺蜜璃コスが“本物”でしかない
  6. /nl/articles/2010/19/news073.jpg 「コマンドプロンプトは黒い画面に文字がたくさん出て怖い」→「チャット風」にしてみた LINEみたいで「分かりやすい」と話題に
  7. /nl/articles/2010/19/news031.jpg 「拾った猫が10日ほどで別猫に……」 愛情をたっぷり受けた保護猫のビフォーアフターに驚き
  8. /nl/articles/2010/20/news089.jpg やっぱりビジュアルすごいな! 「きかんしゃトーマス」劇場版最新作、0系新幹線“最速のケンジ”登場にネット再び動揺
  9. /nl/articles/2003/29/news014.jpg 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  10. /nl/articles/2010/19/news133.jpg ナスカの地上絵で“古代ネコ”発見 衝撃ニュースにネット騒然