ニュース
» 2020年06月23日 17時25分 公開

プラモ製作用収納システム「アーティステーション」発売 モデラーごとにぴったりの作業環境が手に入るかも

収納がモジュール式になっていて、自分好みに組み替えできます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 プラモ製作に必要な道具を効率良く収納できる作業棚「Artty Station(アーティステーション)」が、クラウドファンディングの成功を経て一般販売を開始しました(関連記事)。最小モデルの「Solo」(4500円)から最上位モデルの「Opera」(4万9800円)まで、収容量の異なる5モデルが用意されています。


アーティステーション フラッグシップモデルのOpera(4万9800円)。幅128センチ、奥行き60センチ、高さ45センチ

アーティステーション

アーティステーション 観音開き式でコンパクトにたためる「Concert」(3万6000円)。幅97.6センチ、奥行き60.9センチ、高さ76.2センチ

アーティステーション 中規模の「Symphony」。幅90センチ、奥行き30センチ、高さ63.8センチ

アーティステーション 手狭なスペースに対応する「Piccolo」(1万7000円)。幅55センチ、奥行き25.2センチ、高さ60センチ

アーティステーション 最低限の収納をコンパクトにそろえた「Solo」(4500円)。幅35.9センチ、奥行き15センチ、高さ21.3センチ

 モバイルケースやアクセサリーの輸出入を手がける、ロア・インターナショナルの製品。各種工具や塗料のボトルなど、各道具専用の収納モジュールから構成されているので、自分の好みに配置して理想の作業環境をととのえられます。


アーティステーション Operaの構成。工具や塗料の収納スペース、塗装台、エアブラシ置き場など、必要な道具を取りやすい位置に置ける

アーティステーション スリットが空いていて中身を確認しやすい引き出し

アーティステーション ポンセットやニッパーを掛けておけるハンガーと、使用中の接着剤や塗料等を置くのに便利な工作用品置き場

アーティステーション 大小の筆やマーカーを差し込んでおけるホルダー

アーティステーション 塗料沢置き場の奥にはアルミホイルをセットできる。必要に応じて引き出して塗料皿を覆い、乾燥を防げる

アーティステーション

アーティステーション スプレー塗装ブースは照明をセットできる(配線等は自前で)。上はエアブラシや塗装棒の置き場になる

アーティステーション タミヤのエナメルカラーなど、メジャーブランドに対応した塗料ラック

アーティステーション 使用中の道具や部品の仮置きに便利なトレー

アーティステーション 説明書を立てかけて、見ながら組み立て。ちょっとピアノ演奏っぽい

アーティステーション 最大8種類のランナーを立てかけておける

 販売は同社の公式オンラインショップ「MyCaseShop」にて。塗料を多数収納できる拡張用のラックもラインアップされています。


アーティステーション Soloに収納ボックスを追加できる「Solo Drawer」(2700円)

アーティステーション ラッカー塗料向けの収納ラック(4100円)。最大40本収納

アーティステーション アクリルおよびエナメル塗料用のラック(4100円)。最大60本収納

価格は全て税別


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン