【ノーカット動画あり】130万人超が見た手越祐也の記者会見 YouTubeは「やるからにはNo.1取りたい」

「アイドルの1年というのは大切。一分一秒が大事な自分との違いが出てきた」

» 2020年06月24日 07時00分 公開
[宮澤諒ねとらぼ]

 元NEWSの手越祐也さんが6月23日に記者会見を実施。ジャニーズ事務所を退所後、初めてカメラの前に姿を現し、今後の活動について説明しました。

NEWS 手越祐也 記者会見 ジャニーズ 記者の前で語る手越さん

 5月13日発売の『週刊文春』で、緊急事態宣言発令中に女性との飲み会を開催したことなどが報じられていた手越さん。5月26日にはジャニーズ事務所が手越さんの芸能活動自粛を発表し、6月19日には「この度、当社は、手越祐也との間で専属契約の終了について話し合い、本日をもって専属契約を合意解除することになりました」として、退所を報告していました。

 会場に現れた手越さんは、笑みを浮かべながら「よろしくお願いしま−す」と爽やかにあいさつ。報道と事実が異なる部分もあったことから、「自分の口から何があったのか真実を伝えたい」との思いがあり、会見を開くことにしたと説明しました。

 退所については5、6年前から考えていたそうで、2020年3月にはジャニーズ事務所に退所を申し出ていたとのこと。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で全公演中止となっている「NEWS LIVE TOUR 2020 STORY」のゲネプロ時には、NEWSのメンバーと4人だけで語りあい、3人からは「手越の夢を思う気持ちも分かるが、俺たちは手越とやっていきたい」と言われたといいます。

NEWS 手越祐也 記者会見 ジャニーズ 高野隆弁護士とともに登壇しました(画像は手越祐也チャンネルから)

 NEWSの小山慶一郎さん、加藤シゲアキさん、増田貴久さんのことは“最高の戦友”であり、今でも大好きな存在であると語る手越さんですが、弁護士が入ってからはメンバーとは話し合いができておらず、3人が退所を知ったのも退所日の数日前だったのではないかとのこと。小山さんとはLINEで何度がやりとりをして長文で熱いメッセージをもらったそうで、今後、加藤さん、増田さんとも話をするつもりとのことです。

 手越さんが弁護士を立てたのは、芸能活動自粛を言い渡された後のことで、ジャニーズ事務所側から弁護士を立てるよう言われたとのこと。当初は退所日が決まっておらず、2021年3月末の契約満了日まで続けようと思っていたが、2020年6月末まで待っていてもさまざまな報道があることが予想されることから、6月19日に退所日を早め、双方で合意したとのこと。手越さんは円満退所を強調していましたが、ジュリー社長との話し合いはかなわなかったといいます。

 また、滝沢秀明副社長とは、直接話はしていないようですが、知人を通じて心配されたことを明かしました。

 外出自粛期間中に女性らと会食をした件については、事実だと認めた上で、今後のチャレンジのためだったと説明。ボランティアとして人の命を助ける活動のための話し合いをしていたと言います。また、食事やフットサルなど外出の予定がある際には、チーフマネジャーに予定を共有していたそうですが、相手の詳細や会食の目的などは伝えていないとのことです。

 32歳になり、“男としての夢”を抱いているという手越さん。今後については、まだざっくりとしか決まっていないといいますが、「僕はジャニーチルドレンだと思っている」として、ジャニーさんに認められた「歌」についてはこれからも主軸として続けていくと説明。地上波番組については、オファーがあれば受けるし、その際には全力で頑張るとしました。


 SNSについては、現在はTwitterとYouTubeしかアカウントを持っていないが、今後はInstagramや、世界進出も視野にWeiboなども活用していきたいとのこと。YouTubeでは、素の自分を見せたり、なにかチャレンジにも取り組んでいきたいとし「やるからにはNo.1を取りたい」と熱く宣言しました。

 自身がメディアを持つことは、退所の理由の1つだとし、事務所には事務所のやり方があり、スピード感を大事にしたい自分とはギャップがあったと手越さん。「アイドルの1年というのは大切。一分一秒が大事な自分との違いが出てきたというのはある」と話しました。なお、YouTuberのヒカルさんとは、2〜3回会っただけで詳しい話はしておらず、一緒に動画を撮る予定もないとのことです。

 会見の最後には、「少しでもお声掛けがあれば、盛り上げられるようなパフォーマンスに尽力したい」「厳しい声も受け止める。感謝しつつ今後新しい人生にできるかぎり魂が消えるまでチャレンジしていきたい。これからも末永く応援していっていただけたら」と話し、「ぜひチャンネル登録お願いします」とYouTubeのチャンネル登録も呼びかけていました。

 会見は、6月17日に開設された手越さんのYouTubeチャンネルで生配信され、一時は同時視聴者数が130万人を超えるなど、大きな注目を集めました。

NEWS 手越祐也 記者会見 ジャニーズ 最後にはリクエストに応えて、「テイッ!」を披露して会場を後にしました

【Part1】手越祐也が語るNEWSメンバーへの思い「小山慶一郎、加藤シゲアキ、増田貴久は“最高の戦友”
【Part2】手越祐也が語るNEWSメンバーへの思い 小山慶一郎とのLINEでのやりとり明かす
【Part3】手越祐也が語るNEWSメンバーへの思い NEWSは“帰るところ”

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/12/news116.jpg GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  2. /nl/articles/2407/11/news117.jpg 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
  3. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  4. /nl/articles/2407/12/news114.jpg 「これは吐きそうw」 マクドナルドが公開した“狂気のアイテム”にツッコミ殺到 「ギットギトになる」「笑った」
  5. /nl/articles/2407/11/news018.jpg そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  6. /nl/articles/2407/11/news102.jpg この本棚、本当に250冊入るの? LOWYAのスタッフが“忖度なし”で検証したら……まさかの結果が45万回再生の人気
  7. /nl/articles/2407/10/news199.jpg ヤマト運輸のコンテナを運ぶ列車をじっくり見ると……? 唐突な“夢の共演”に反響「動物同士仲良く」「これが本当の便乗」
  8. /nl/articles/2407/10/news082.jpg こういうのでいいんだよ! 外泊経験豊富な人ほど納得できるホテルの“ある工夫”に850万表示「これは助かりますねぇ」
  9. /nl/articles/2407/09/news116.jpg ユニクロ“夏の神ワンピ”を66歳主婦が着てみたら…… シニア世代必見の着こなし術に「待ってました!」「涼しそうでいいですね〜」
  10. /nl/articles/2407/12/news143.jpg フジ「ぽかぽか」の出演者、“生放送中に倒れ”スタジオ騒然の事態に「えっ大丈夫ですか!?」 共演者が当時の恐怖証言「頭が真っ白」「お願い戻ってきて……」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」