インタビュー
» 2020年07月13日 18時00分 公開

【うっかりおうちで死にかけた】生後1カ月の息子を守る夢から覚めると、その子を殺しかけていた……というお話 (1/2)

「奪われそうになったわが子を必死で守る夢を見て、目を覚ますと息子の体を……」。

[ねとらぼ]

 ねとらぼ読者から自宅で起こった危険な出来事をインタビューする企画「うっかりおうちで死にかけた」。今回は「添い寝で、0歳の息子を殺しかけてしまった」というお話を伺いました。

連載:うっかりおうちで死にかけた

我が家は落ち着く、心が安らぐ場所―― そんなイメージに反して、時には自宅でも命に関わるような危険な事故が起こることが。ただ日々過ごす場所だけあって、どんな危険があるのか気付きにくいもの。そこで「うっかり自宅で死にかけた体験談」を募集して、いろいろな人からいろいろ聞いてみよう、という企画です。



添い寝していた息子を守る夢、目を覚ますと……

 「おうちでうっかり死にかけた」というより、うっかり息子を殺しかけてしまったことがあります。あの時は本当に血の気が引きました。

 うちの子は生後1カ月くらいのころ添い寝をしないと寝てくれなくて、ある日、大人用ベッドで一緒に寝ていたら私も眠ってしまいました。私は奪われそうになったわが子を必死で守る夢を見て、目を覚ますと息子の体をギュッと強く抱きしめていました。

 手足をバタつかせて、ちっ息しかけていました。

―― 夢と現実がシンクロして、真逆の結果に……

 顔色と呼吸を確かめて、異常がなかったことにホッとしました。生後1カ月ほどだとまだそこまで動かないので、手足をバタバタさせて懸命に抵抗していたことに驚いて、恐怖も感じました。それから、不謹慎ながら感動もしました。「本気を出したらこんなに動けるんだな〜」と。

―― 状況が状況だけに、一口には言い表せない心の動きだったんでしょうね。ちなみそのトラブル後、変わったことは?

 私は怖くて添い寝できなくなりましたし、息子も0歳なりに何かを察したのか、大人しくベビーベッドで寝てくれるようになって、ギリギリの年齢になるまでベビーベッドで1人で寝かせていました。

 また、大人と一緒にベッドで寝るようになったのは2歳ごろから。ただ、主人には別の部屋で寝てもらって、大きなダブルベッドに私と息子の2人だけ、と超余裕を持っていましたね(笑)。

 現在、息子は14歳。無事、元気に育ってくれています。今では、あの時のことも笑い話にできますが、もしも死なせてしまっていたら……と思うと本当に恐ろしいですね。

編集部注:0歳児の窒息事故について

 「子どもを事故から守る!!事故防止ハンドブック」(消費者庁)では、0〜1歳の就寝時の窒息事故を防ぐための注意喚起を行っています。

 ベビーベッドの利用は、上記の体験談のように「家族の身体の一部で圧迫される」場合だけでなく、「うつぶせで寝て、顔がやわらかい寝具に埋もれる」「ベッドと壁の隙間などに挟まれる」ことを防ぐためにも推奨。詳細は同庁Webサイトからご確認ください。

※本企画は取材対象者のエピソードをそのまま記事化したものであり、特定の製品や状況の危険性、安全性を立証するものではありません。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.