ニュース
» 2020年06月27日 09時00分 公開

今治駅「来島(鯛めし2人前)」(1400円)〜関東でも楽しみたい“西の”鯛めし!

四国・今治 半世紀の歴史を持つロングセラー駅弁「鯛めし弁当」の通販仕様!

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

駅弁 8000系電車・特急「しおかぜ・いしづち」、予讃線・海岸寺〜津島ノ宮間(2019年撮影)

瀬戸内海沿いを行く、8000系電車の特急「しおかぜ・いしづち」号。

平成5(1993)年3月の予讃線・高松〜伊予市間電化開業に向け、その前年にデビューした車両で、在来線特急ながら、まるで新幹線のような流線形の顔つきが特徴です。

平成16(2004)年からは、指定席を中心に木材や木目地を使用したシートや、砥部焼や藍染めの暖簾を使用した洗面所にリニューアルされています。

(参考)JR四国ホームページ

駅弁 来島(鯛めし2人前)

予讃線随一の駅弁販売駅といえば、何といっても今治!

駅弁を製造・販売する「二葉」は、「通信販売」にも対応しています。

昭和45(1970)年頃から販売され、およそ半世紀の歴史を持つロングセラー駅弁「鯛めし弁当」も、通販仕様「来島(鯛めし2人前)」(1400円)で登場。

通販仕様でも経木の折、伝統の掛け紙付きの駅弁が届くと、本当に嬉しいものですね。

駅弁 来島(鯛めし2人前)

【おしながき】

  • 鯛の炊き込みご飯
  • 奈良漬け
駅弁 来島(鯛めし2人前)

レギュラーの「鯛めし弁当」にはおかずがありますが、通販仕様は鯛めし一本!

来島海峡の急流で身が引き締まった鯛を焼いてほぐし身にし、ご飯に炊き込んでいます。

関東・東海の鯛めし駅弁というと甘い“おぼろ”が多く見られますが、西の鯛めしは素材の味をたっぷり活かし、しっとり優しくて落ち着いた“オトナの”鯛めし。

「来島」は2人前なので、家族で取り分ける場合も1人前より少しおトクで重宝です。

駅弁 8000系電車・特急「しおかぜ・いしづち」、予讃線・今治駅(2013年撮影)

「四国の鉄道旅は、いつ行くといいの?」と訊かれたら、答えは間違いなく「誕生月」。

鉄道好きにはおなじみ、四国には「バースデイきっぷ」というフリーきっぷがあります。

JR四国全線が特急を含め3日間乗り放題となり、普通車自由席用(9680円)、グリーン車用(1万3240円)で、同時発券に限り、お連れ様用3名まで購入可能です。

遠出がいい時期になったら、誕生月の友達と一緒に、四国を鉄道で旅してみては!?

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/24/news131.jpg 「マジでかわいい!」「試合で見れない表情」 石川佳純、メイクアップしたショットに大反響
  2. /nl/articles/2109/25/news033.jpg 劇場版「鬼滅の刃」地上波初放送で新聞各紙が心を燃やす 「ちょっと待って」「新聞見たら煉獄さんがいたのでわあってなった」
  3. /nl/articles/2109/24/news037.jpg 道路にうずくまっていた子猫を保護→2日後…… モフモフな抱っこ紐から顔を出す姿がたまらなくいとおしい
  4. /nl/articles/2009/13/news017.jpg 「ちょ、おまわりさんオレ達よりヤバいのおるやん!」 夜のコンビニに世紀末魔改造ミニカーが襲来、みんなびっくり仰天
  5. /nl/articles/2009/28/news112.jpg 「お姫様みたい」「モデルやん」 池江璃花子、成人式の前撮りでティアラ&深紅のドレス 振袖姿は「当日までのお楽しみ」
  6. /nl/articles/2109/22/news156.jpg 『らんま1/2』の「あかねの髪形変更」というイベントが割り込み展開のはずなのに自然な流れ過ぎてすごいという話
  7. /nl/articles/2102/04/news101.jpg 「女優さんかと思った」「卓球界のシンデレラ」 石川佳純、プロが仕上げた“ガチ美人”ショットに絶賛の声
  8. /nl/articles/1907/02/news082.jpg 「美しすぎてクラクラ」「健康的な美ボディー」 吉田沙保里、下着モデル初挑戦の“最強の1枚”に反響
  9. /nl/articles/2109/25/news062.jpg 「F1」ルイス・ハミルトン、ピットイン時の事故動画を自ら公開 事故後の対応へ称賛の声「これでこそチャンピオン」
  10. /nl/articles/2109/24/news149.jpg 村田雄介先生による『ワンパンマン』短編アニメが国内外で大きな反響 「本当にすごい」「凄すぎてビビりました」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」