連載
» 2020年06月28日 13時00分 公開

圧倒的不審者の工房:砂から砂鉄と硅砂を取り出して包丁を作る → サンドピクチャーのような幻想的な包丁が完成

逆に包丁にできないものを教えてほしい。

[ねとらぼ]

 あらゆるものから包丁を作り出す圧倒的不審者の極み!さんが、今度は砂から包丁を作り出しました。最初は砂の中に混じっている砂鉄を取り出して、さらに顕微鏡で砂粒を確認しながら硅砂だけを取り出します。いきなり途方も無い作業を始めている……。


画像


画像 今回の原料


画像 砂鉄を磁石で取り出す


画像 これが硅砂


画像 地道に集めたらしい

 次にアルミホイルの塊を削り、砂鉄を混ぜてから電子レンジるつぼにかけて熱します。これにより、鉄を精製。電子レンジから真っ黒な塊を取り出して、その中の鉄を少量ずつ集めていきます。


画像 アルミホイルを固める


画像 そして削る


画像 砂鉄と混ぜてるつぼへ


画像 鉄が完成

 次は貝殻をるつぼにかけて酸化カルシウムを取り出して、それを水に溶かしてから乾燥させ、水酸化カルシウムが完成。さらに木をるつぼで熱して炭をつくり、それを砕いてから水をまぜて撹拌。上澄みをろ過してから、フライパンに放置し、こびりついた炭酸ナトリウム・炭酸カリウムを取り出します。


画像 熱した貝殻を砕く


画像 水を混ぜて乾燥させて……


画像 水酸化カルシウム


画像 今度は炭を作って……


画像 この上澄み液を使います


画像画像 上澄み液を乾燥させてこびりついたものが炭酸ナトリウム・炭酸カリウム

 次に硅砂、水酸化カルシウム、炭酸ナトリウム、炭酸カリウムを小瓶の中に入れ、人形ごとシャッフルし、再度るつぼに。これでガラスが完成します。そして銅を削ってるつぼで熱し酸化銅をつくり、粉末状のガラスと混ぜて再度熱すると、鮮やかな青色ガラスに。


画像 混ぜ方のクセが強い


画像画像 るつぼに入れてガラスが完成


画像 酸化銅を作って……


画像 青色のガラスも

 出来上がったガラスは小石と一緒に混ぜて粉末状にしておきます。


画像 ガラスを缶に入れて


画像 小石と一緒に混ぜて粉砕


画像 ガラスは沈殿するのが遅いものを使用します

 ……と、ここまでが事前準備で、ようやく包丁づくりに。まずは先ほどの鉄を熱して伸ばし、包丁の刃の部分になるよう曲げていきます。その後はヤスリや砥石を使い、刃と同じ形に。


画像 鉄を熱する

画像 研いでいきます

 あとはレジンを使って包丁の身や柄を作ります。包丁の腹に透明なフィルムを一枚かませて再度レジンで固め、あとからフィルムを剥がすことで包丁の中身に空洞がある状態を作ります。そして内部の空洞に水と先ほど作った粉末状のガラスを投入。サンドピクチャーのような包丁(?)が完成しました。


画像 刃以外の部分をレジンで固め、研いでいく


画像 中に空洞を作って……


画像 サンドピクチャーみたい

 包丁とは思えない見た目ですが、その切れ味は紙もスパスパ切れるほど。次回は何を包丁にするのか楽しみです。


画像 ちゃんと切れる

協力:圧倒的不審者の極み!さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.