ニュース
» 2020年07月01日 16時12分 公開

「シンフォギア」「しゅごキャラ」監督の伊藤達文さん55歳で死去 脳幹出血のため

妻「突然の事だったので気持ちが追いつかない日々でした」。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」1期、「しゅごキャラ!!!どっきどき」などで監督を務めた伊藤達文さんが、5月23日に死去していたことを妻のいとうまりこさんが7月1日に伊藤さんのTwitterを通じて公表しました。

伊藤達文 玉川達文 いとうまりこ 死去 脳幹出血 アニメ 監督 シンフォギア アニメーター 伊藤さんが監督を務めた「戦姫絶唱シンフォギア」(画像は「戦姫絶唱シンフォギア」公式サイトから)

 まりこさんは「妻のいとうまりこです」との書き出しの後、「5月23日伊藤達文が脳幹出血のため亡くなりました」と夫の死去と死因を発表。「突然の事だったので気持ちが追いつかない日々でしたが、少しずつ落ち着いてきましたので報告させていただきました」と公表まで間があった理由を説明しています。夫のTwitterアカウントからフォロワーへ「今まで応援してくださった皆様、仲良くしてくださった皆様本当にありがとうございました」と感謝を伝えました。


 達文さんは玉川達文として1980年代からアニメーションに携わり、古くは「まじかる☆タルるートくん」「ママレード・ボーイ」といった作品から、最近では「銀魂」「ぼくたちは勉強ができない」といった作品で演出や作画監督を担当し、2008年に同業者のまりこさんと結婚してからは伊藤姓を名乗っていました。

 「シンフォギア」シリーズで楽曲制作、原作を手掛けた上松範康さんは、「伊藤監督はシンフォギアの根幹を作ってくださった恩人であり、答えの見えないオリジナルアニメの初めてを一緒に旅できた戦友」とツイート。「心よりご冥福をお祈りいたします」と悼んでいます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.