ぷ、ぷ、ぷ、ぷっすまぁぁぁ! 江頭2:50の誕生日サプライズで草なぎ&ユースケらが“集結”する展開にファン涙腺崩壊

ついにあの男が……!

» 2020年07月02日 13時50分 公開
[百合野綾ねとらぼ]

 お笑い芸人の江頭2:50さんが7月1日に55歳の誕生日を迎えたことを受け、YouTubeチャンネル「エガちゃんねる」では本人へのサプライズ動画が公開。タレントの草なぎ剛さん、ユースケ・サンタマリアさんが動画でメッセージを寄せたほか、シークレットゲストとして“あの人物”が登場し、テレビ朝日系列の「『ぷっ』すま」ファンの涙腺をゆるませる展開となっています。

※草なぎさんの「なぎ」は、弓ヘンに前の旧字の下に刀

「草なぎ&ユースケ&シークレットゲストの3人が江頭の誕生日を祝福!」

江頭2:50 YouTube 誕生日 意外とバレなかった(画像は「エガちゃんねる」から)

 動画は、誕生日当日に撮影されており、同番組の制作スタッフ「ブリーフ団」の格好をした“マブダチ”だというゲストが江頭さんの元へ。打ち合わせと聞かされていた江頭さんは突然部屋の照明が消え、バースデーケーキが届けられると「びっくりしたぁー!」と歓喜。さらにゲストがバースデーソングをウクレレで演奏するも江頭さんは全く気付かず。そこで声を出して祝福してみせると、「あぁ! 大熊さああぁああああん!」と叫び、覆面を取るとそこには6月末でテレビ朝日を退社しフリーとなった大熊英司アナウンサーが姿を見せました。

江頭2:50 ブリーフ団 YouTube ウクレレで祝うブリーフ団(X)(画像は「エガちゃんねる」から)

 大熊アナは「『ぷ』っすま」のサブMCとして17年間にわたって活躍し、共演した暴走キャラの江頭さんとは“ディープキス”が番組恒例になるなど、深い仲。大熊アナは「どうも、お久しぶりです。今日から出られるんです。最初の仕事がエガちゃんねる」と、江頭さんの誕生日とフリー初日が重なったことを報告。「決心して、早期退職しまして」と晴れやかな様子で語り、江頭さんは「やったあぁー! 大熊さん久しぶりじゃあーん!!!!!」と力強く握手した後、熱い抱擁をして、2年3カ月ぶりの再会を喜んでいました。こんなん泣けるやん。

江頭2:50 大熊英司 アナウンサー 思わずハグしちゃう江頭さん(画像は「エガちゃんねる」から)

 さらにスタッフから「サプライズはこれだけじゃないんです」と告げられ、誕生日前日の6月30日に撮影された草なぎさんとユースケさんからのVTRが披露されると、江頭さんはのけ反って「あぁーーー!!!!! びっくりしたあーーーー!!!!!!」とかなり驚いた様子でした。

江頭2:50 草なぎ剛 ユースケ・サンタマリア 大熊英司 あの4人が……!(画像は「エガちゃんねる」から)

 VTRでは、ユースケさんが「大熊さんテレ朝辞めたんでしょ?」とタイムリーな質問をする一幕も。これには大熊アナも「えっ知ってる!」と驚き。大熊アナのサプライズ登場も2人に伝えると、草なぎさんは「なんか繋がってますね」としみじみし、ユースケさんは「じゃあ距離は離れているけど、昔のメンツが1つの画面の中にいるんだ。感慨深いな」と、懐かしいメンバーに思いを馳せました。エモさが詰まってる。

江頭2:50 草なぎ剛 ユースケ・サンタマリア 大熊英司 さすがにこれはエモい(画像は「エガちゃんねる」から)

 最後にメッセージを求められると、江頭さんから頻繁に電話がかかってくるという草なぎさんは「これからも一緒に進んでいけたらと思っているので。いたずら電話ばっかりはたくさんしないでください(笑)」とクレームを挟みつつメッセージ。大熊アナに対しては「僕らも力を貸してもらうことがあることを願って」とし、ユースケさんも「お願いすることもあるかもしれません」と再会への期待をにじませました。

 江頭さんのサプライズ動画に、ファンからは「神回」「ぷっすまファンからするとこれはやばい」「この4人が再び同じ画面で見られるなんて……」「大熊さんとわかって胸が熱くなりました」「大熊さんが退社してフリーになった最初の仕事がえがちゃんねるとか泣く」「ぷっすまが好きで毎週の楽しみだったあの頃を思い出した」「ぷっすま昔から観ていたので、涙が止まりませんでした……!」など、“あの4人”の姿を再び見られた瞬間に感極まった人が続出しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news023.jpg 帰省が終わった18歳兄、1歳妹にお別れを言うと…… 妹のけなげな姿に「こっちまで寂しくなります」「また会えるよ」
  2. /nl/articles/2406/19/news029.jpg こんなの売ってるのか! 官公庁オークションで2万円で出品された“まさかの商品”に思わず二度見
  3. /nl/articles/2406/19/news026.jpg 「暑がり全人類に配り歩きたい」 “身に付けるクーラー”が約2200万表示で反響 「止まらない汗とさよならできた」
  4. /nl/articles/2406/19/news027.jpg 産後、夫と貴重な“焼肉デート”に向かう車内でケンカ→ションボリしつつ網を見ると…… 笑って泣ける光景に「素敵」「こんなのずるいw」
  5. /nl/articles/2406/19/news008.jpg 「別人かよ」「泣けた」 “オタク”と言われ続けた男性が…… “激変イメチェン”に「こんなに変われるなんて」と称賛の声
  6. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  7. /nl/articles/2406/19/news018.jpg 小1次男の初登校日、4年長男から“秘伝の技”を指導され…… 受け継がれていく伝統に「今日も笑いをありがとうw」「お兄ちゃんかっけー」
  8. /nl/articles/2406/18/news167.jpg 人気グラドル、合成なしでヨルさんキックを完璧再現 「エナコ・フォージャー良き」「そこまで脚が上がるのがすごい」
  9. /nl/articles/2406/19/news060.jpg 「お前……そんな潜り方だったんか」 マテガイの想定外の動きに驚き「そう来るのか」「少しこわい」
  10. /nl/articles/2406/19/news140.jpg 余命宣告から2カ月……「BreakingDown」メインレフェリー、末期がんで逝去に朝倉海ら心痛 最期まで闘病の姿に「奇跡信じていました」「遺された家族の心を救った」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」