ニュース
» 2020年07月04日 09時00分 公開

【8年前の今頃は?】50万人集めた花火大会、点火ミスで全弾着火→わずか30秒で終了

数年前の今日はどんな記事があった?

[ねとらぼ]

 気になるインターネットの話題を中心に扱うメディア「ねとらぼ」は2021年4月で10周年。それを記念して、数年前の同じ日に掲載されたニュースから、懐かしのトピックスを振り返ります。


 8年前の2012年7月4日、カリフォルニア州サンディエゴで行われた独立記念日の花火大会で、装置の誤作動によりわずか30秒で全ての花火が一斉に打ち上がってしまう事故が発生しました。




 イベントのために用意された花火はおよそ十数万発。大量の花火が一斉に打ちあがるさまは、花火というより巨大な火柱。幸いなことに大事故には至らなかったようですが、カメラを構えていた観客も多く、YouTubeなどの動画投稿サイトには、事故の様子をおさめた動画が多数アップロードされました。ヒィィ……。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.