川谷絵音、毎年恒例の“七夕の願い事”がもはや風物詩になりつつある(1年ぶり6回目)(1/2 ページ)

七夕と言えば、川谷さん。

» 2020年07月07日 17時03分 公開
[百合野綾ねとらぼ]

 ミュージシャンの川谷絵音さんが7月7日にTwitterを更新し、七夕の願い事を投稿。2020年の内容も相変わらず、溺愛する“あの子”への願いでした。もはや待ってたよ。

 川谷さんは「当然今年も願いは同じです。姪(めい)っ子がバンドマンと付き合いませんように」と投稿し、姪がバンドマンと交際することを認めたくない姿勢を今年も見せています。揺るがない。

川谷絵音 めい 七夕 抱っこしてめっちゃうれしそう(画像は川谷絵音Instagramから)

 この川谷さんの“短冊ツイート”は、2015年から開始したもの。当初は「姪っ子がバンドマンと付き合いませんように」とシンプルにお願いしていましたが、翌年からもその願いが変わることなく、2016年「今年も願い事は同じです」、2017年「毎年願いは同じです」、2018年「今年も願いは同じです」、2019年「どうせ今年も願いは同じです」と、願い続けて6年目となりました。もはや恒例行事。

川谷絵音 めい 七夕 姉と姪とともに写る川谷さん(画像は川谷絵音Instagramから)

 川谷さんが姪と初めて会ったのは2013年6月のこと。当時はまだ赤ちゃんで、抱っこした姿もTwitterで報告していました。その後、姪とのエピソードはたびたびSNSに登場しており、姉の家に会いに行ったり、一緒に水族館へ行ったり、姪がライブを見に来たりと仲睦まじい様子を見せています。

 また、川谷さんは姪からの“独特な呼び名”も紹介。2014年1月時点ではTwitterで「キラーボールのおじちゃん」と、ゲスの極み乙女。の楽曲「キラーボール」から呼ばれていたようですが、会う度にあだ名は変化。2017年7月時点のツイートでは「キラーボールのおじさん→猟奇的なおじさん→溢れるおじさん→ベルおじさん→私以外おじさん→雫に恋したおじさんときて、影おじさんに変わりましたことを報告させて頂きます」と紆余(うよ)曲折したことをつづっています。絶妙な選曲センス。

 この呼ばれ方の変わりように、2018年3月には「そろそろ姪っ子に『苦しゅうないおじさん』って呼ばれる頃だよな?」とツイートし、ジェニーハイの楽曲「片目で異常に恋してる」の歌詞にある「苦しゅうない」から名付けられると予感していました。4つのバンドを掛け持ちする川谷さんだからこその変幻自在ぶり。いったい何おじさんになっちゃうんだ。

 そんな姪と親しい川谷さんの七夕恒例のツイートに、ネット上では「7月7日といったら七夕じゃなくて川谷絵音が姪っ子の将来を心配する日」「七夕なので川谷絵音さんのTwitter見にいった!」「今年も毎年恒例の川谷絵音さんの七夕のお願いを楽しみにしてる勢」「川谷絵音が短冊ツイする度に今年も七夕来たなあってなる」などの声が寄せられ、なぜか“七夕を実感する”人が多く見られました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」