ニュース
» 2020年07月09日 18時00分 公開

コンパクトSUV続々、今度はカローラが「カローラ クロス」に変身 ネットの反応は? (1/3)

かっこいい? ほしい? 同じようなの作りすぎ……!?

[志田原真俊,ねとらぼ]

 トヨタ自動車は7月9日、小型SUV(スポーツタイプ多目的車)の新型車「カローラ クロス」をタイで発表、発売しました。他の地域でも順次発売予定、日本への導入は未定です。

トヨタ カローラ SUV カローラ クロス(写真:トヨタ自動車、以下同)

 カローラ クロスは、Cセグメントの世界戦略車「カローラ」をベースに作られた新型SUVです。セダンやツーリングワゴン(関連記事)、ハッチバック(関連記事)に続き、カローラシリーズに新たなボディタイプが増えました。

 車高を上げてモリモリッと力強いデザインに仕上げたボディーは、ほぼカローラとの共通点は見当たらず、どちらかというと“ミニRAV4”(関連記事)のような雰囲気も漂います。最近のトヨタ車に多い切れ長のシャープなLEDヘッドライトを採用しつつ、丸みのあるグリルでどこか優しげな顔付きです。

トヨタ カローラ SUV 後ろ姿もカローラというよりRAV4などに似た雰囲気

 プラットフォームは他のカローラシリーズと同様に、TNGA(Toyota New Global Architecture)のGA-Cプラットフォームを採用。新型のトーションビームサスペンションと組み合わせ、フラットで快適な走りを目指しました。タイでの発売時点では前輪駆動のみのラインアップで、1.8リッターのガソリンエンジン仕様とハイブリッド仕様があります。

 タイ市場のCセグメント車ではトップクラスだという487Lの荷室容量や、子どもを抱えて乗降しやすいように間口を広く取った後部座席、最小回転半径5.2メートルというセダンやハッチバックのカローラと変わらない取り回しの良さなど、使い勝手をアピールします。

トヨタ カローラ SUV 広い車内空間と荷室、使い勝手の良さが売りです

 さて、日本では以前から人気があるクーペスタイルのSUV「C-HR」(関連記事)のほか、ダイハツOEMの小型SUV「ライズ」(関連記事)が2019年末に発売され、さらにBセグメントのヤリスをSUV化した「ヤリスクロス」(関連記事)も2020年秋に発売予定です。ネットでは「かなりカッコイイ」「売れそうだけどRAV4どうなる?」「カローラ トレックっていうカローラツーリング派生のSUVがあるのにまたカローラの新しいSUVが出てきて困惑してる」「各国毎のニーズに合った車を販売するのは自然な事」などの声が上がっています。

 コンパクトSUVがいろいろ充実してきましたが、RAV4とC-HRの中間といった車格のカローラ クロスも日本の街中で見かける日が来るのでしょうか。デザインはちょっとワイルドでカッコいいので、登場にも期待したいですね。



       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」