ニュース
» 2020年07月09日 18時00分 公開

コンパクトSUV続々、今度はカローラが「カローラ クロス」に変身 ネットの反応は?(1/3 ページ)

かっこいい? ほしい? 同じようなの作りすぎ……!?

[志田原真俊,ねとらぼ]

 トヨタ自動車は7月9日、小型SUV(スポーツタイプ多目的車)の新型車「カローラ クロス」をタイで発表、発売しました。他の地域でも順次発売予定、日本への導入は未定です。

トヨタ カローラ SUV カローラ クロス(写真:トヨタ自動車、以下同)

 カローラ クロスは、Cセグメントの世界戦略車「カローラ」をベースに作られた新型SUVです。セダンやツーリングワゴン(関連記事)、ハッチバック(関連記事)に続き、カローラシリーズに新たなボディタイプが増えました。

 車高を上げてモリモリッと力強いデザインに仕上げたボディーは、ほぼカローラとの共通点は見当たらず、どちらかというと“ミニRAV4”(関連記事)のような雰囲気も漂います。最近のトヨタ車に多い切れ長のシャープなLEDヘッドライトを採用しつつ、丸みのあるグリルでどこか優しげな顔付きです。

トヨタ カローラ SUV 後ろ姿もカローラというよりRAV4などに似た雰囲気

 プラットフォームは他のカローラシリーズと同様に、TNGA(Toyota New Global Architecture)のGA-Cプラットフォームを採用。新型のトーションビームサスペンションと組み合わせ、フラットで快適な走りを目指しました。タイでの発売時点では前輪駆動のみのラインアップで、1.8リッターのガソリンエンジン仕様とハイブリッド仕様があります。

 タイ市場のCセグメント車ではトップクラスだという487Lの荷室容量や、子どもを抱えて乗降しやすいように間口を広く取った後部座席、最小回転半径5.2メートルというセダンやハッチバックのカローラと変わらない取り回しの良さなど、使い勝手をアピールします。

トヨタ カローラ SUV 広い車内空間と荷室、使い勝手の良さが売りです

 さて、日本では以前から人気があるクーペスタイルのSUV「C-HR」(関連記事)のほか、ダイハツOEMの小型SUV「ライズ」(関連記事)が2019年末に発売され、さらにBセグメントのヤリスをSUV化した「ヤリスクロス」(関連記事)も2020年秋に発売予定です。ネットでは「かなりカッコイイ」「売れそうだけどRAV4どうなる?」「カローラ トレックっていうカローラツーリング派生のSUVがあるのにまたカローラの新しいSUVが出てきて困惑してる」「各国毎のニーズに合った車を販売するのは自然な事」などの声が上がっています。

 コンパクトSUVがいろいろ充実してきましたが、RAV4とC-HRの中間といった車格のカローラ クロスも日本の街中で見かける日が来るのでしょうか。デザインはちょっとワイルドでカッコいいので、登場にも期待したいですね。



       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声