ニュース
» 2020年07月10日 11時45分 公開

ゲームもリアルも関係ない! ケイン・コスギ、初代プレステ「SASUKE」の“完全制覇”で大感動を生む

ケインさん「本当のSASUKEと同じくらいキツいね」。

[深戸進路,ねとらぼ]

 俳優で“ゲーム実況者”になりつつあるケイン・コスギさんが7月9日、1カ月以上も生配信でチャレンジしていた初代PlayStationソフト「筋肉番付〜ROAD TO SASUKE〜」の“完全制覇”を達成。多くのファンに見守られた同配信は、本物のSASUKEをクリアしたような感動ムードに包まれました。おめでとうケインさん!

ケイン・コスギ ゲーム実況 SASUKE 配信 Mildom 完全制覇に雄たけびをあげるケインさん(画像はMildomから)

 2018年3月にゲーム実況を始め、人気オンラインゲーム「League of Legends」の生配信で同時視聴者数が世界1位を記録するなど瞬く間に話題となったケインさん(関連記事)。現在はゲーム実況に特化した配信プラットフォーム「Mildom」で生配信を行っており、6月2日からはTBS系で放送されていた「筋肉番付」シリーズの特別企画「SASUKE」の完全制覇を目指す同ゲームをプレイしていました。

 同ゲームはキャラクターの育成要素が強く、初期ステータスでは“鋼鉄の魔城”に全く歯が立ちません。それでも諦めることなく挑戦を続けたケインさんは9日、同ゲーム13回目となる生配信を行い、1stステージ、2ndステージを順調にクリア。難関である3rdステージでは、SASUKEやスポーツマンNo.1決定戦に出場していたときと全く同じ真剣な表情をみせながらクリフハンガーの着地を成功させ、ついに過酷な連打ゲーであるFinalステージ「15m綱上り」を迎えます。

ケイン・コスギ ゲーム実況 SASUKE 配信 Mildom クリフハンガーの着地に挑むケインさん。顔がガチ(画像はMildomから)

 視聴者から「自分を信じて!」「血管切れてもいいから連打して」「全ての力を出しきれ!」など激励を受けながら、カチカチカチカチカチカチカチ……と全身全霊の連打を繰り出すケインさん。腕を酷使する“乳酸地獄”にうなり声をあげながらも、残り1.7秒(制限時間30秒)でFinalステージを見事にクリア。念願の完全制覇にケインさんは、「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ぁああああああ! やったーーーーーーーー!!!!! ほおおおおおおおおんどおおおおおんん!」と言葉にならない咆哮をあげたかと思うと、両手で顔を抑えてむせび泣くなど全ての感情を解放して歓喜していました。もう本物のSASUKEじゃん。

 視聴者からは、「おめでとうケイン!」「完全制覇だああああ」「ケインさん感動をありがとおおおおお!」など祝福コメントが殺到。しばらくして落ち着きを取り戻したケインさんは、「腕が本当にヤバイよ」「本当にありがとうみんな」「本当のSASUKEと同じくらいキツいね」など1カ月以上の長きにわたる戦いをしみじみと回顧していました。本当におめでとうケインさん!

ケイン・コスギ ゲーム実況 SASUKE 配信 Mildom うれし泣きするケインさん。感動をありがとう!(画像はMildomから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」