ニュース
» 2020年07月11日 11時45分 公開

ネットを揺るがした衝撃作「Sai no Kawara」がサブスク解禁! 作者が仕掛けたサブスク版の“新たな仕掛け”とは

まずはYouTubeで聞いてほしいとのこと。

[Kikka,ねとらぼ]

 YouTubeに投稿されて大きな話題を呼んでいるcrystal-zさんの楽曲、「Sai no Kawara」が7月11日11時よりApple Music、Amazon Music Unlimited、YouTube Musicなど大手サブスクで解禁されました。

crystal-z「Sai no Kawara」

 6月11日にYouTubeで発表された「Sai no Kawara」は、「ネタバレを知らない状態で最後までぜひ聞いてほしいです」「これが音楽じゃないなら、何を音楽と思えばいいのか」とネット上で口コミが広がった楽曲。無名アーティストの初投稿としては異例の60万再生を記録しています(2020年7月11日時点)。


Sai no Kawara crystal-zさんの楽曲「Sai no Kawara」

 以下、ネタバレが含まれているのでYouTube上でMVを視聴後に読み進めることを強くおすすめします。


Sai no Kawara

 楽曲で描かれているのは32歳の主人公が「目指してみようか 医学の道」「それは茨の道」と、医学部受験に挑む姿。勉強漬けの毎日を過ごす主人公は模試でA判定をたたき出しますが、「目標の東京の学校は全部 その年も その次の年も全滅」。合格発表の際には「えっ、なんで?」という結果が続きました。

 「目標のハンデ? 夢にさえ思わねぇ ゴールテープごとずらされるなんて」。32歳という年齢に見えない壁が立ちはだかっていたのです。東京での受験をあきらめ、地方受験に挑んだ主人公は、見事地方の医学部に合格し、旅立ちますが、最後のサビでは次のようなリリックが紡がれています。


Sai no Kawara

調じゃなくていいから

才じゃなくていいから

々巡り 巡り 繰り返し

東京 偉大なこの街

順調じゃなくていいから

天才じゃなくていいから

堂々巡り 巡り 繰り返し

東京じゃ春は来ないし

 楽曲の最後には女性アナウンサーが「医学部入試で年齢などを理由に不合格にされたと主張する元受験生の男性が、大学を提訴しました」「34歳の男性は去年、不合格にされましたが、その後大学側が調査した結果、合格点に達していたことが分かりました」と読み上げる声がサンプリングされており、画面が暗転。

 複数の男性の声で「大変申し訳ない」「年齢の問題で不合格になりました」「まじめでいらっしゃるから……」「不正ではない」「申し訳ないとしか言いようがない」といった声が複数収録されており、主人公とみられる男性がカバンに忍ばせていたであろうスマートフォンを取り出すところで映像は終わっています。


Sai no Kawara

 「Sai no Kawara」の主人公とは、2018年に明るみに出た医学部不正入試問題の当事者であるcrystal-zさん自身のこと。楽曲の中にはさまざまなメッセージが緻密にちりばめられており、6月28日に掲載した記事「衝撃の結末が話題 無名ラッパーが投稿したYouTube動画が異例の48万再生、投稿者と大学側を取材」の中で、crystal-zさんは、「(楽曲に隠された)イースターエッグに関してはあまり解読が進んでいないと感じます」と語っていました。

 そんな楽曲が今回初解禁されたのは、iTunes Store、Apple Music、Amazon Music Unlimited、YouTube Music、Google Play Music、LINE MUSICといったサブスク各社での配信。

 サブスク解禁についてcrystal-zさんに改めてお話を聞いてみたところ、「YouTubeを観てくれた人にはピンとくる、新たなラストを用意しました。まずYouTubeを観てから聴いてほしい、という思いは変わっていません」とのこと。

 「ねとらぼさんの記事で普段ヒップホップを聴かない層の人にまでリーチ出来た気がして感謝です。これが本当の音楽、という見出しにはビックリしましたけど(笑)。でもこの曲がきっかけでヒップホップを聴く人が増えたらうれしいですね。もっと色んな素晴らしいアーティストさんがいらっしゃるので!」と語ってくれました。

 各社のサブスク配信はSai no KawaraSai no Kawara (instrumental)ともに、11日11時から随時解禁されています。

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  2. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  3. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声