ニュース
» 2020年07月13日 15時00分 公開

3輪タクシー「トゥクトゥク」で120キロ以上を走破 スリランカで行われた長距離レースが胸熱

砂利道や山道といった荒れた道に、トゥクトゥクが挑む……。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 スリランカで行われた「トゥクトゥク」によるモーターレース「Red Bull Tuk It 2020」の動画が、海外で話題になっています。「トゥクトゥクでレース?」と聞いて、ほんわかしたレースを思い浮かべそうですが、実際はめちゃくちゃ迫力満点のガチレースでした。

photo トゥクトゥクによる熱いレースが開幕!(画像はYouTubeから)
Red Bull TUK IT 2020 TUK TUK Race in Kaluaggala Racing Track

 トゥクトゥクは東南アジアなどで広く使われている3輪タクシー。窓やドアなどのない、通気性の良いオープンスタイル(関連記事)が特徴的な乗り物です。

 そんなトゥクトゥクを使ったレースが、2020年2月にスリランカで行われました。レースを主催したのは、世界中でモータースポーツを開催しているレッドブル。3人でチームを組み、1台のトゥクトゥクを操って、120キロ以上の距離を走破します。

photo 会場にはさまざまなトゥクトゥクが集結(画像はYouTubeから)

 街中を走るイメージが大きいトゥクトゥクですが、今回のレースでは、舗装されていない砂利道や細い山道といった難所も設定。レースの様子をまとめた動画には、途中でトゥクトゥクが転倒しかけるシーンや、泥道でうまく進めなくなってメンバーが後ろから押すシーンもありました。

photo レースで通る道の様子(画像はYouTubeから)
photo バランスを崩して転びかける場面もしばしば(画像はYouTubeから)

 かなり過酷なレースとなりましたが、それでも必至に走り続けるトゥクトゥクの姿には、思わず胸が熱くなりますね……!

レース時の様子はこちらでも確認できます


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10