ニュース
» 2020年07月14日 15時00分 公開

入館料激減で資金不足に 国立科学博物館が戦後初の国産旅客機「YS-11」公開プロジェクトの支援募集

公開予定の「YS-11」は貴重な量産初号機です。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 戦後初の国産旅客機「YS-11」を公開するための支援運動が、クラウドファンディングサイト「A-port」で始まりました。

photo 「YS-11」量産初号機

 クラウドファンディングを行っているのは、YS-11を保有する国立科学博物館。支援を受けるYS-11は1964年に初飛行した量産初号機であり、旧運輸省航空局が全国の航空管制機能などをチェックする際の飛行検査機として、1998年まで使われました。

photo 現役のころのYS-11

 引退後は国立科学博物館に寄贈され、羽田空港内で保管されていましたが、2019年に茨城県にある「ザ・ヒロサワ・シティ」で、屋内展示されることが決定。分解して移送の後、再度組み立てられる予定でした。

 しかし、昨今の情勢により、国立科学博物館の入館料収入が激減。YS-11の再組み立ての資金が不足したことから、クラウドファンディングの実施に踏み切りました。

photo 分解して移送を行っている時の様子
photo 組み立て時の光景

 支援には、組み立て時の映像とお礼メールを受け取れる3000円コースから、量産初号機への搭乗と操縦席見学ツアーに参加できる50万円コースまで、金額に応じたさまざまなコースを設定しています。支援の受付期間は2020年11月6日までです。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.