ニュース
» 2020年07月18日 21時00分 公開

余計な火種を増やすな 「きのこの山&たけのこの里」に抹茶味登場 → 今度は“茶産地”を巡って新たな戦国の火蓋が切られる

昔はたけのこ派だったけど、今はきのこ派です。

[だいごろう,ねとらぼ]

 明治の人気チョコレート菓子「きのこの山」「たけのこの里」に新しく“抹茶味”が加わったのですが、それぞれ「抹茶の産地」が違っていたことから、ネットでは「余計な火種を増やすな」との声があがっています。今度は「茶産地」で戦争が始まってしまうのか……。



 話題になっているのは、6月16日に発売された「きのこの山濃い抹茶味」と、7月14日に発売された「たけのこの里まろやか抹茶味」。価格はいずれも200円(税別)で、どちらも期間限定販売となっています。

 「きのこの山」の方はカリっと香ばしいクラッカーと、商品名の通り“濃い抹茶”味が大きな特徴。一方「たけのこの里」の方は、クッキーのサクサク食感と“まろやかな抹茶”味が楽しめます。どっちもおいしそうですね。


きのこの山濃い抹茶味 こちらは「きのこの山濃い抹茶味」

たけのこの里まろやか抹茶味 「たけのこの里まろやか抹茶味」お気付きだろうか……?

 そして注目すべきは、どちらも“抹茶味”をうたっていながら、「きのこ」の方は宇治抹茶、「たけのこ」の方は西尾抹茶――と、使用している抹茶の産地が違う点。Twitterではさっそく、「さあ茶畑も戦争から逃げられなくなったぞ」「新たなる戦国の火蓋は切られた」など新たな戦争の始まりにおののく声や、「たけのこに改宗します」「宇治でたけのこが良かった……」など複雑な思いを吐露する声が見られました。……あと静岡は?

 ちなみにネット上では長らく続いている「きのこ派vsたけのこ派」の戦争ですが、2019年12月に行われた「国民総選挙」では「きのこの山」派が大差で圧勝。その後両者の間ではノーサイド協定が結ばれ、公式には40年に渡る戦いに終止符が打たれたことになっています(本当)。




※価格は記事掲載時点のものとなっています



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/04/news130.jpg レディー・ガガ、渡辺直美の「Rain On Me」パロディーMVを絶賛 早くも“1000万回再生”に迫る勢いに
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2008/03/news017.jpg 母犬「私の赤ちゃんを助けて……」 真冬の排水管で暮らすワンコ親子を保護→元気に成長した姿に涙があふれる
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/04/news071.jpg 「何で顔を隠すの?」 安藤美姫、娘とテレビ初共演 “顔出し”解禁は娘の一言が転機に
  6. /nl/articles/2008/03/news094.jpg 「子どものため」って何だろう? 手作りの食事にこだわりすぎてうつ病になったお母さんが、「ポテサラ事件」に思うこと
  7. /nl/articles/2008/03/news020.jpg ブロックたたき骨折、謎キノコ食べて下痢 無謀過ぎる男を描いた4コマ「マリオになりたかった男」ラストで感動が押し寄せる
  8. /nl/articles/2008/03/news109.jpg 「半沢直樹」大和田、再び“土下座”なるか? 伊佐山と裏で結託するも……怒濤の展開にネット考察盛り上がる
  9. /nl/articles/2008/03/news064.jpg LINEヘルスケア、悩む人に「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放ち炎上 登録医師の「利用規約違反」があったと謝罪
  10. /nl/articles/1906/06/news080.jpg 「顔はお父さん、全体はお母さんの遺伝子が」 仲村トオルの娘・ミオが初グラビア、“176センチ”の抜群なスタイル披露