ニュース
» 2020年07月18日 21時00分 公開

余計な火種を増やすな 「きのこの山&たけのこの里」に抹茶味登場 → 今度は“茶産地”を巡って新たな戦国の火蓋が切られる

昔はたけのこ派だったけど、今はきのこ派です。

[だいごろう,ねとらぼ]

 明治の人気チョコレート菓子「きのこの山」「たけのこの里」に新しく“抹茶味”が加わったのですが、それぞれ「抹茶の産地」が違っていたことから、ネットでは「余計な火種を増やすな」との声があがっています。今度は「茶産地」で戦争が始まってしまうのか……。



 話題になっているのは、6月16日に発売された「きのこの山濃い抹茶味」と、7月14日に発売された「たけのこの里まろやか抹茶味」。価格はいずれも200円(税別)で、どちらも期間限定販売となっています。

 「きのこの山」の方はカリっと香ばしいクラッカーと、商品名の通り“濃い抹茶”味が大きな特徴。一方「たけのこの里」の方は、クッキーのサクサク食感と“まろやかな抹茶”味が楽しめます。どっちもおいしそうですね。


きのこの山濃い抹茶味 こちらは「きのこの山濃い抹茶味」

たけのこの里まろやか抹茶味 「たけのこの里まろやか抹茶味」お気付きだろうか……?

 そして注目すべきは、どちらも“抹茶味”をうたっていながら、「きのこ」の方は宇治抹茶、「たけのこ」の方は西尾抹茶――と、使用している抹茶の産地が違う点。Twitterではさっそく、「さあ茶畑も戦争から逃げられなくなったぞ」「新たなる戦国の火蓋は切られた」など新たな戦争の始まりにおののく声や、「たけのこに改宗します」「宇治でたけのこが良かった……」など複雑な思いを吐露する声が見られました。……あと静岡は?

 ちなみにネット上では長らく続いている「きのこ派vsたけのこ派」の戦争ですが、2019年12月に行われた「国民総選挙」では「きのこの山」派が大差で圧勝。その後両者の間ではノーサイド協定が結ばれ、公式には40年に渡る戦いに終止符が打たれたことになっています(本当)。




※価格は記事掲載時点のものとなっています



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」