ニュース
» 2020年07月18日 21時00分 公開

余計な火種を増やすな 「きのこの山&たけのこの里」に抹茶味登場 → 今度は“茶産地”を巡って新たな戦国の火蓋が切られる

昔はたけのこ派だったけど、今はきのこ派です。

[だいごろう,ねとらぼ]

 明治の人気チョコレート菓子「きのこの山」「たけのこの里」に新しく“抹茶味”が加わったのですが、それぞれ「抹茶の産地」が違っていたことから、ネットでは「余計な火種を増やすな」との声があがっています。今度は「茶産地」で戦争が始まってしまうのか……。



 話題になっているのは、6月16日に発売された「きのこの山濃い抹茶味」と、7月14日に発売された「たけのこの里まろやか抹茶味」。価格はいずれも200円(税別)で、どちらも期間限定販売となっています。

 「きのこの山」の方はカリっと香ばしいクラッカーと、商品名の通り“濃い抹茶”味が大きな特徴。一方「たけのこの里」の方は、クッキーのサクサク食感と“まろやかな抹茶”味が楽しめます。どっちもおいしそうですね。


きのこの山濃い抹茶味 こちらは「きのこの山濃い抹茶味」

たけのこの里まろやか抹茶味 「たけのこの里まろやか抹茶味」お気付きだろうか……?

 そして注目すべきは、どちらも“抹茶味”をうたっていながら、「きのこ」の方は宇治抹茶、「たけのこ」の方は西尾抹茶――と、使用している抹茶の産地が違う点。Twitterではさっそく、「さあ茶畑も戦争から逃げられなくなったぞ」「新たなる戦国の火蓋は切られた」など新たな戦争の始まりにおののく声や、「たけのこに改宗します」「宇治でたけのこが良かった……」など複雑な思いを吐露する声が見られました。……あと静岡は?

 ちなみにネット上では長らく続いている「きのこ派vsたけのこ派」の戦争ですが、2019年12月に行われた「国民総選挙」では「きのこの山」派が大差で圧勝。その後両者の間ではノーサイド協定が結ばれ、公式には40年に渡る戦いに終止符が打たれたことになっています(本当)。




※価格は記事掲載時点のものとなっています



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる