ニュース
» 2020年07月24日 09時00分 公開

加賀温泉駅・高野商店「香箱蟹の和風ドリア(6個セット)」(4000円)〜「駅弁の通信販売」を楽しもう! 我が家で旅気分(vol.4高野商店編)

とろ〜りとしたチーズと共に、香箱蟹の内子・外子がたっぷり入ったホワイトソースのうま味を感じながら、ハフハフしていただく瞬間がたまりません。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

駅弁 683系電車・特急「サンダーバード」、北陸本線・能美根上〜明峰間(2019年撮影)

大阪〜金沢間を結ぶ特急列車「サンダーバード」。

関西と北陸の各都市を結び、終着・金沢で北陸新幹線と接続、富山や首都圏への接続列車にもなっていて、北陸新幹線W7系電車と共通の車内メロディが使われています。

残念ながら5月16日から当分の間、「サンダーバード」も1日当たり50本から28本に減便が行われる予定となっています。

(参考)JR西日本ニュースリリース・2020年5月8日分

駅弁 高野商店ウェブサイト

北陸本線沿線の駅弁屋さんも大変な状況のなか、さまざまな取り組みを進めています。

加賀温泉駅を拠点に、いまでは金沢駅でも駅弁を販売するのが「高野商店」。

明治29(1896)年創業で、元々は北陸本線・今庄駅(福井県)の駅弁屋さんでした。

昭和37(1962)年、大聖寺駅(石川県)に移転、昭和45(1970)年には特急停車駅として新たに開業した加賀温泉駅に移転し、100年以上にわたって駅弁を作り続けています。

駅弁 高野商店ウェブサイト(ニュース&お知らせ)

この「高野商店」のウェブサイトに、大型連休を目前にした4月27日、「通販始めました!」という、新たなお知らせが掲載されました。

通信販売専用の「新たなサイト」が作られ、まずは3つの商品からスタート。

「高野商店」によると、以前から通信販売を考えていたそうですが、外出自粛が求められるなか、やれることは早くやろうということで、急いで通販のシステムを整えたと言います。

駅弁 高野商店ウェブサイト(通販ページ)
駅弁 参考画像:蟹のドリア(2019年撮影)

「高野商店」の通販サイトに入ると、3つの商品の画像が現れ、それぞれの画像をクリック(タップ)すると、商品の詳細が表示され、「カートに入れる」で購入していきます。

目玉商品は、何といっても「香箱蟹の和風ドリア(6個セット)」(4000円)!

2019年に京王百貨店新宿店の駅弁大会で人気を博した「蟹のドリア」をベースに、希少な雌のズワイガニ・香箱蟹をふんだんに使った“通販仕様”として登場しました。

駅弁 高野商店ウェブサイト(通販ページ)

商品をカートに入れたら、「購入者情報の入力」へと進みます。

住所・名前・電話番号・メールアドレスなどを入力し、決済はクレジットカード(VISA・マスター)ですので、家から1歩も出ず、宅配の方との接触のみで、駅弁が我が家に届きます。

「入力情報の確認」「決済確定」へと進めば、「ご購入ありがとうございます」の表示。

人気通販アプリを使ったサイトなので、手軽にサクッと購入できるのが嬉しいですね!

駅弁 高野商店から冷凍クール便で届いた駅弁

注文から3日後、高野商店からのクール便が我が家に到着しました。

高野商店がこの度始めた「駅弁の通信販売」の特徴は、「冷凍」であること。

これは日持ちと駅弁の美味しさを考慮した際、通常の駅弁を冷蔵で送る場合、外気温と消費期限、お届けエリア、マンパワーの面で制約があるため、「冷凍」に特化したそう。

ということで、とても冷え冷えの段ボールがやって来ました。

駅弁 香箱蟹の和風ドリア(6個セット・冷凍)

「香箱蟹の和風ドリア」は、オレンジの箱に入った冷凍6個詰めのセットとなっています。

当初、正直「量はチョット少ないかな」「6個は多いかな?」と思ったのですが、巣ごもり生活を進めるにつれ、むしろ冷凍で6個入っていることが、有難いと思うようになりました。

というのも、テレワークで運動量が減った体にはちょうどいい量で、人と接触することもなく、小腹が空いたときにも「駅弁」の味…こんなに楽しい巣ごもり生活が待っていたとは!

駅弁 香箱蟹の和風ドリア
駅弁 香箱蟹の和風ドリア

「香箱蟹の和風ドリア」の賞味期限は、冷凍ということもあって-15℃以下で6カ月。

いただくときは、個別包装のパッケージを開け、ふたを外してから、凍ったまま電子レンジに入れて、500Wで5分間加熱します(できれば1個ずつ加熱するのがお薦め)。

温まってくると、ドリアの表面のチーズがぷくぷくして、香ばしい良い匂いが辺りに漂い始め、「チン!」となる瞬間がいまかいまかと待ち遠しくなります。

駅弁 香箱蟹の和風ドリア

【おしながき】

  • かにめし
  • ホワイトソース(香箱蟹・チーズほか)
  • ズッキーニ
  • さつまいも
  • 赤パプリカ
  • れんこん
  • ヤングコーン
  • ナチュラルチーズ
駅弁 香箱蟹の和風ドリア

とろ〜りとなったチーズと共に、香箱蟹の内子・外子がたっぷり入ったホワイトソースのうま味を感じながら、ハフハフしていただく瞬間がたまらない「香箱蟹の和風ドリア」。

かにのエキスで炊き込んだというご飯の美味しさはもちろん、温野菜もごろごろ入っていて、体にも嬉しい作りになっています。

これは家族でもおひとりさまでも、一家にひと箱買い置きしておくのも十分にアリでしょう!

駅弁 683系電車・特急「サンダーバード」、北陸本線・明峰〜能美根上間(2019年撮影)

北陸本線・加賀温泉駅を拠点に駅弁を製造する高野商店の「通信販売」は、現在、通販サイトオープンの特別サービスで「送料無料」となっています。

都道府県を越えた移動に自粛が求められる現状、金沢へ足を運ぶことも叶いませんが、首都圏からの新幹線料金を考えても、この価格で北陸の駅弁が味わえるのはおトク!

実際に足を運ぶことができるまでは、通販で北陸の旅路に思いを馳せたいものです。

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.