ニュース
» 2020年07月29日 16時52分 公開

プライベートな素顔がちらり 宇多田ヒカル、新曲「Time」自宅撮影MVが「やっと公開です!」

スタッフ2.5人で制作。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 歌手の宇多田ヒカルさんが7月28日、新曲「Time」のミュージックビデオをYouTubeに公開。コロナ禍に自宅で撮影したプライベートな素顔がのぞく内容で話題となっています。

宇多田ヒカル ヒッキー Time MV 公開 ミュージックビデオ 自宅 ロンドン ロックダウン 待望のMV公開(画像はYouTubeから)

 「MVやっと公開です!」とYouTubeへのアップにあわせてTwitterで報告した宇多田さん。撮影はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大防止のためロックダウン中にロンドンの自宅で敢行したことを明かしており、スタジオの壁に貼られたプライベートな写真や大きな熊のぬいぐるみなど、私生活が垣間見える映像となっています。

 Twitterでは宇多田さん自らスタッフとともに家具を動かしたことや、スタッフ3人とともに事前に検査を受けコロナ陰性を確認したこと、1人が途中で抜け結果的に「2.5人」でやり遂げたことなどのエピソードを披露。撮影が無事に終わった際には全員で乾杯したそうです。

撮影場所は宇多田家リビングと作業部屋

 一方でMV中盤以降にはCGを多用したサイケデリックなシーンもいくつか登場。クライマックスの画面いっぱいに増殖した宇多田さんが歌い踊る場面など解釈が分かれそうですが、監督は「コンセプト的には現実の世界と幻想的な世界の融合で、歌詞の深い部分に潜む意味を反映したもの」と説明しています。

 このMVでは「親密さのあるアーティストの部屋での姿、作品を作り上げる姿」を描くと同時に「時間の流れの中にある孤独な姿」「逃避的とも言えるファンタジー」を表現したとのこと。「どのように音楽とクリエイティビティーがその人を全く別次元の時間や空間に連れて行くかということを描いたビジュアル表現です」と語りました。

 5月の楽曲配信開始から約3カ月、さらに本公開の前のティーザー配信を経た満を持してのプレミア公開とあって、ファンも「きたー!! 待ってたよ!」と大興奮。「自宅での撮影にもかかわらず、さすがのクオリティ」「もっとシンプルに歌ってるだけかと思ってたのに、想像以上にPV感があって良い意味で裏切られた感じ」と期待以上のできであったことを口々に称賛しています。

 またレインコートを着たシーンでデビュー曲「Automatic」のMVを思い出したというコメントを始め、一部のファンは映像や曲調が初期の雰囲気に似通っていると指摘。「でも確実にアップデートもされてるんだよな…不思議なPVだ」「昔を思い出させるようなMVでとても不思議な感じがした」「ノスタルジックなのに新しい」と独特の世界観への感想を口にしています。

宇多田ヒカル ヒッキー Time MV 公開 ミュージックビデオ 自宅 ロンドン ロックダウン 「Automatic」より(画像はYouTubeから)
宇多田ヒカル ヒッキー Time MV 公開 ミュージックビデオ 自宅 ロンドン ロックダウン 新しさと懐かしさ(画像はYouTubeから)
当時15歳、衝撃のデビュー曲

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」