ニュース
» 2020年08月19日 19時30分 公開

【マジで方言じゃないと思ってた】「いきしにコンビニ寄ってから行こうやー」が関東では通じなかった……というお話 (1/2)

「いきし」「かえりし」って使います?

[ねとらぼ]

 え、この言葉通じないんですか!?―― そんな体験談を日本各地の方に聞く読者募集企画「マジで方言じゃないと思ってた」。今回は広島県出身の方に「いきし」「かえりし」のお話を伺いました。

関東では通じなかった「“いきし”にコンビニ寄ってから行こうやー」

 生まれ育ちが広島県です、マジで方言じゃないと思ってたのは「いきし」「かえりし」ですね。大学時代に関東に出てきたのですが、友達とのドライブで目的地に行く際、「いきしにコンビニ寄ってから行こうやー」と使うと通じなくてビックリしました。

―― どういう意味なんです?

  • いきし:行く途中、行き道
  • かえりし:帰る途中、帰り道

 ですね。「明日、いきしに車でひろってやー」なら「明日、行く途中に車にのせてよ」という意味になります。

編集部注

 編集部で調べた限り、「行きし」「帰りし」は、1文字多い「行きしな」「帰りしな」と関連付けて紹介されることが多い言葉。こちらだったら聞いたことがあるという人も多いかもしれません。

 「行きしな」「帰りしな」はネット上でよく西日本各地の方言として説明されている一方で、実は国語辞典にも掲載されている表現。

 「しな」は「〜するとき」「〜するついでに」を意味する接尾語で、「寝しな」だと「寝る直前」「寝ついた直後」といった意味になるとか(そして、この「寝しな」も日本各地の方言として紹介されていたり……)。

本企画では取材させていただける読者の体験談を常時募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10