ニュース
» 2020年08月06日 18時24分 公開

「絶対に核戦争はしないでもらいたい」 声優・井上和彦、被ばくした父の原爆体験記録を朗読

自身の体験を多くの人に知ってほしいとの思いから記録されたものを朗読。

[羽野源一郎,ねとらぼ]

 テレビアニメ「NARUTO」のはたけカカシ役や「夏目友人帳」のニャンコ先生/斑役などで知られる井上和彦さんが8月6日、YouTubeチャンネルを更新。原子爆弾が広島県に投下された1945年8月6日に合わせ、当時、現地で救助活動に従事した父がまとめた原爆投下直後の街の状況と被ばく体験について、朗読する動画を公開しました。

ヒロシマ体験の記録 井上和彦

 井上さんの父は1994年に70歳で逝去。井上さんがまだ誕生していない当時、日本軍兵士として爆心地から数キロ離れたところで被ばく。戦後、63歳のときに被ばく者の生き残りの1人として、自分の体験を多くの人に知ってほしいとの思いから、原爆による当時の被害状況を記録したのだといいます。

 終戦から40年以上が経過してから書かれたもののため、朗読動画の冒頭で井上さんは“記憶も結構薄れるのではないか”としながらも、父の残した記録について「昨日のことのようにはっきりと思い出して書いております」とコメントしていました。

井上和彦 広島県 原子爆弾 ヒロシマ 動画を公開した井上さん(画像はB-Box公式サイトから)

 記録には、兵士として広島県の部隊に配属されるまでのいきさつや、原爆投下前後の街の様子、救助活動に従事したときの記憶、被ばく者として後遺症に苦しんだことなどが記述されています。また、慰霊塔の前ではしゃぐ人を見たときの心境や、核兵器の恐ろしさを学校などでもっと伝えてほしいとの要望も書かれており、最後は、「絶対に核戦争はしないでもらいたい」との言葉で締めくくられています。

 動画のコメント欄には「お父様の貴重な記録を共有してくださり、ありがとうございます」「きっと言葉にするのも辛い体験だったはすです。それでも書かずにはおれない思いがあったのでしょうね」と、記録が公開されたことへの感謝の言葉や、井上さんの父の気持ちを推し量る声が寄せられている他、家族の被ばく体験や、戦争体験も書き込まれています。

井上和彦 広島県 原子爆弾 ヒロシマ 父の体験記を朗読(画像は井上和彦YouTubeチャンネルから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  2. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  3. /nl/articles/1904/10/news098.jpg 賀来賢人、“フライデー被害風”写真が超リアル! 「本当にそろそろやめてね」と写真週刊誌への本音も
  4. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  5. /nl/articles/2110/27/news109.jpg 「納言」 薄幸、テレ朝で警備員からまさかのシャットアウト “牢獄みたいな薄暗い部屋”へ閉じ込められる事態に
  6. /nl/articles/2110/27/news025.jpg 猫よけをびっちり置いた結果……子猫が!? ちんまりくつろぐ姿に「仲間がいた」「何やっても人間の負け」と爆笑
  7. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. /nl/articles/2101/23/news043.jpg 水川あさみ、5キロ増の“愛しきぜい肉”ショットが女優の勲章 「リアルお母さん体型」「気取らないとこが素敵」と反響
  9. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  10. /nl/articles/2110/26/news181.jpg 「学校へ行こう!」出演のパークマンサー、V6へ感謝のメッセージ 「ホントにホントにありがと言っちゃうアホだよ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙