ニュース
» 2020年08月06日 22時42分 公開

「ゴールデンボンバー」歌広場淳、新型コロナ感染 陰性判定から9日後の陽性に「愕然としました」

発熱、味覚異常などの症状はなし。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 「ゴールデンボンバー」の歌広場淳さんが8月6日、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)に感染したことを本人のブログと、公式サイトで発表。7月28日の検査で陰性判定を受けていましたが、その9日後の検査で感染が判明し「自分自身、今回の陽性判定に愕然としました」と驚く気持ちを明らかにしています。

ゴールデンボンバー 歌広場淳 新型コロナ 陽性 PCR 感染 配信 歌広場淳さん(画像は歌広場淳公式Instagramから)

 歌広場さんは7月28日にPCR検査を受け、翌29日に陰性と判定。月が変わって4日に発熱したため翌日にPCRを受けた結果、6日に陽性が判明しました。「現在は発熱及び症状はありません」とのことで、今後は活動を自粛するとともに保健所の指示に従い経過観察を行うとしています。

 「ゴールデンボンバー」は1日に無観客生配信ライブを実施。そのため鬼龍院翔さん、喜矢武豊さん、樽美酒研二さんに加え、グループのマネージャーも同じ日にPCR検査を受けたところ、陰性だったと明らかにされています。歌広場さんは近ごろ「特に対策を心がけていたので、自分自身、今回の陽性判定に愕然としました」と驚きを告白。ファンや関係者へ向けた「ご迷惑とご心配をおかけして申し訳ございません」という謝罪でブログを締めくくっています。

ゴールデンボンバー 歌広場淳 新型コロナ 陽性 PCR 感染 配信 歌広場さんコロナ陽性のお知らせ(画像は「ゴールデンボンバー」公式サイトから)

 ファンは歌広場さんへ向け「早く治ることを祈っています」「今はゆっくり休んでくださいね」などとコメント。また歌広場さんの謝罪に対して「淳くんが悪いわけじゃないから落ち込まないでね」「あまり気になさらず、いまは治療に専念してください」との激励も相次ぎました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.