ニュース
» 2020年08月10日 16時15分 公開

ロクダボ復活きたぁぁぁ! ホンダ、新型スーパースポーツバイク「CBR600RR」を先行公開 (1/2)

ヤマハのR6も復活したし、今年は600SSが豊作だなぁ。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 本田技研工業(ホンダ)は、新型スポーツバイク「CBR600RR」を8月21日に正式発表します。発表に先駆けて、新型の写真やティーザームービーを先行公開しました。

CBR600RR 新型 復活 新型「CBR600RR」(写真:本田技研工業、以下同)

 CBR600RRは600ccクラスのスーパースポーツモデル(600SS)で、2003年に登場し、ヤマハの「YZF-R6」やカワサキの「ZX-6R」と並び、欧州を中心に600SSブームを起こした車種です。

 日本向けの公道仕様は、環境規制の兼ね合いで2016年に惜しまれながらも生産終了。2017年以降は、毎年秋に受注期間限定で販売される競技用のレースベース車(公道走行不可)のみとなっていました。

CBR600RR 新型 復活 イマドキなデザインにセンターアップマフラー、かっこいいなぁぁぁ

 4年ぶりとなる新型は、従来どおり599ccの直列4気筒エンジンを搭載。最新の電子制御技術や空力性能技術を盛り込みます。

 若干の小型化を受けてメインフレームが露出するようになったカウルには、MotoGPマシンに始まり市販車にも取り入れられている「ウイングレット」が追加されています。こちらも近年のSSのトレンドを取り入れた仕様です。

 先行公開された写真では、メインフレームやシートカウルには手を加えられていないように見受けられます。初代からの伝統で「ロクダボといえばこれ」なセンターアップマフラーも受け継がれています。

CBR600RR 新型 復活 ムービーをじっくり見るといろいろ分かるかも

 ティーザームービーを見ると、兄貴分のCBR1000RR(SC77型。現行のSC82型RR-Rではない)と同形状のフルデジタルメーターが映っており、ライディングモードの表示も確認できます。

 裏を返せば、IMU(イナーシャル・メジャーメント・ユニット)や電子制御スロットルといった最新の高度な電子制御装備が追加されている可能性が高いですが、気になる詳細は8月21日に明らかになる見込みです。

Honda: CBR600RR ”Awaken the Race”(YouTube/トヨタグローバルニュースルーム)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン