ニュース
» 2020年08月12日 11時15分 公開

エモいレトロ車をリアルに再現 ミニカー付き「懐かしの商用車コレクション」が創刊(1/2 ページ)

三輪車でしょ。四輪の免許? 二輪の免許かな?

[志田原真俊,ねとらぼ]

 オート三輪ミゼット、サニトラ、サンバー……。昭和・平成の商用車をテーマにしたミニカー付き分冊百科「懐かしの商用車コレクション」(アシェット・コレクションズ・ジャパン)が2020年8月26日に創刊します。創刊号は799円(税込、以下同)、第2号以降は1999円。

商用車 ミニカー ミゼット 懐かしい「はたらくクルマ」のミニカーが毎号付属する「懐かしの商用車コレクション」(画像:アシェット・コレクションズ・ジャパン、以下同)
商用車 ミニカー ミゼット 商用車 ミニカー ミゼット 商用車 ミニカー ミゼット 商用車 ミニカー ミゼット 商用車 ミニカー ミゼット 商用車 ミニカー ミゼット 商用車 ミニカー ミゼット 商用車 ミニカー ミゼット 商用車 ミニカー ミゼット 商用車 ミニカー ミゼット

 同誌は、「オート三輪」に始まり、軽や小型のトラック、バンなど、頑丈で力強い、戦後の経済復興と高度経済成長期を支えた「縁の下の力持ち」的存在の実用車たちにスポットライトを当てます。クルマの仕様や使われ方を、時代背景とともに詳細解説する冊子と1/43スケールのダイカスト製ミニカーが毎号1台付属します。

 刊行は隔週刊で全100号を予定。創刊号は「ダイハツ ミゼット」(1962年)、第2号以降は「ホンダ T360」(1963年)、「日産 サニートラック」(1989年)、「スバル サンバー」(1961年)と続きます。

 ミニカーは実際に使われた業種・企業ごとのカラーリングや装備、積荷まで細かく再現するのもポイントです。

 例えば創刊号のミゼットは東芝のサービスカー仕様で、古い東芝ロゴ、そして荷台に満載して配達するのは当時発売されたばかりのカラーテレビ。1960年代いざなぎ景気時代の新・三種の神器と呼ばれた1つですね。遠藤イヅル氏が監修し、Minimax社が開発に協力するリアルなミニカーが毎号届き、思い出に浸れそうです。

商用車 ミニカー ミゼット 懐かしの商用車コレクション
商用車 ミニカー ミゼット リアルなミニカーと詳細な解説で当時の空気がよみがってきそう

 定期購読者向けに「ダイハツ ミゼットの郵便車仕様(1961年)」と「スズキ キャリイのラーメン屋台仕様(1979年)」がもらえる特典も用意します。

商用車 ミニカー ミゼット 定期購読者特典の「スズキ キャリイ」ラーメン屋台仕様(1979年)


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10