ニュース
» 2020年08月15日 16時47分 公開

ディズニー、実写版「ムーラン」書き下ろし曲のMVを公開 クリスティーナ・アギレラ約22年越しの歌唱にファン感激

1998年公開のアニメ版と同じ歌手を起用するディズニー、最高だ。

[辻英実,ねとらぼ]

 ウォルト・ディズニー・スタジオが8月15日、実写映画「ムーラン」(9月4日公開)の挿入歌「Loyal Brave True」のミュージックビデオをYouTubeで公開。歌唱は、1998年に公開された同映画のアニメ版でも主題歌を担当したアメリカ出身のシンガーソングライター、クリスティーナ・アギレラが務めます。


 1998年6月にアメリカで公開された映画「ムーラン」は、古代の中国を舞台にディズニー初のアジア人を主人公とした長編アニメ作品。約22年を経てディズニーによって実写化された2020年版「ムーラン」では、アクロバティックなアクションシーンにも注目が集まっています。

実写映画「ムーラン」 Loyal Brave True クリスティーナ・アギレラ Reflection 長編アニメ映画 ディズニー・スタジオ Instagram 実写版「ムーラン」の予告ビジュアル(画像はWalt Disney Studios 公式Instagramから)

 今回MVが公開された楽曲「Loyal Brave True」は、実写映画のためだけに書き下ろされた新曲。力強い太鼓の音から始まり、着物をほうふつとさせる袖の長いドレス姿のクリスティーナが、戦いに臨むムーランの葛藤をしっとりと歌いあげています。

実写映画「ムーラン」 Loyal Brave True クリスティーナ・アギレラ Reflection 長編アニメ映画 ディズニー・スタジオ YouTube 所々にムーランの姿が散りばめられたMV(画像はWalt Disney Studios YouTubeチャンネルから)

 アニメ版「ムーラン」でも主題歌「Reflection」の歌唱を担当していたクリスティーナ(当時17歳)。MVの公開に先立ち、クリスティーナは14日に、「この映画は、わたしにとても懐かしく、特別な瞬間をもたらしてくれました」とInstagramでコメント。約22年ぶりに「Reflection」を再レコーディングしたことを報告し、新曲「Loyal Brave True」のMVを公開する喜びをつづりました。

実写映画「ムーラン」 Loyal Brave True クリスティーナ・アギレラ Reflection 長編アニメ映画 ディズニー・スタジオ Instagram クリスティーナがMVをチラ見せ(画像はクリスティーナ・アギレラ 公式Instagramから)
実写映画「ムーラン」 Loyal Brave True クリスティーナ・アギレラ Reflection 長編アニメ映画 ディズニー・スタジオ Instagram MV衣装はこんな感じ(画像はクリスティーナ・アギレラ 公式Instagramから)

 MVを視聴したファンからは、「アニメの時もReflectionを歌ってたけど、実写版もクリスティーナがLoyal Brave Trueを歌ってるって、マジディズニー最高」「20年以上経ってもクリスティーナは、神的なヴォーカリスト」「アニメ版を見た時はまだ10代だったのか……時間が流れるのは早いな」など、クリスティーナ変わらぬ歌声を褒めるコメントが続々。

 また、楽曲内の「Should I ask myself in the water(水面にうつった私に尋ねるべきなの?)」という歌詞が、アニメ版の主題歌「Reflection」を歌唱中に水面や鏡を見つめるムーランの描写とリンクしており、アンサーソングのようだと解釈を展開するファンも見られました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10