ニュース
» 2020年08月23日 08時00分 公開

“カメラのレンズ形”の江戸切子のグラスが登場 キヤノン監修で伝統工芸士が製作 (1/2)

レンズの形状を模した「十草」など、どれも美しい……!

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 カメラをモチーフに、江戸切子の手法を使って作られたグラス「江戸切子レンズグラス」の先行販売が、クラウドファンディングサイト「Makuake」で開始されました。

photo カメラをモチーフにした「江戸切子レンズグラス」

 江戸切子レンズグラスでは、カメラレンズの形状を模した「十草」、シャッターを切る瞬間やグリップの質感を表現した「槌目(つちめ)」、光やシャッター音をテーマにした「笹星」、モードダイヤルのギザギザした質感を形にした「魚子」の4種類を用意しています。見て楽しむのはもちろん、手で触れれば、その形を堪能することもできます。


photo 江戸切子レンズグラス「十草」
photo 江戸切子レンズグラス「槌目」
photo 江戸切子レンズグラス「笹星」
photo 江戸切子レンズグラス「魚子」

 サイズは「十草」と「槌目」が直径80ミリ×高さ80ミリ。「笹星」と「魚子」が直径80ミリ×高さ50ミリ。製作者は、ミツワ硝子工芸に所属する伝統工芸士の山田のゆりさん。監修として、カメラメーカーのキヤノンも参加しています。


photo 製作者の山田のゆりさん

 「Makuake」では「十草」と「槌目」が1万7820円、「笹星」と「魚子」は1万2870円で入手できます。クラウドファンディングの期限は9月18日までです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.