選手との「近さ」が魅力 プロ野球の独立リーグ“ルートインBCリーグ”の面白さを伝える同人誌『BCリーグ応援し隊2020夏ver』司書みさきの同人誌レビューノート

セ・パだけじゃないんです。

» 2020年08月23日 12時00分 公開
[みさきねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 8月も下旬を迎え、一層セミの鳴き声がにぎやかです。驚くほどの暑さが続く中、今回も熱い同人誌をレビューします。

今回紹介する同人誌

『BCリーグ応援し隊2020夏ver』A5 92ページ 表紙カラー・本文モノクロ

責任編集:ハチマキくろだ


同人誌 図書館 司書 青空にユニフォームが映えます

近い! BCリーグの魅力を伝えたい

 こちらはプロ野球の独立リーグ、ルートインBCリーグ(以下BCリーグ)のファンによる同人誌で、この号では12人の方々が思い思いに応援の声をつづった合同誌となっています。

 北陸、信越、関東地方を中心としたチームにより構成され、2020年は12球団が参戦しているBCリーグ。“プロ野球”といわれてぱっと思い付くのはセントラル・リーグ、パシフィック・リーグですが、それとは違う独立リーグ? それってどんな様子かしら? と見当をつけかねるレベルで野球に疎い私ですが、独立リーグの魅力、見どころポイントからはじまり、さまざまな人の視点でBCリーグのここが楽しいよ! のエールを読んでいるうちに、なんとなくそのわくわくの雰囲気が感じられるようになり、やがて気になるキーワードが出てきました。

それは「近さ」。活躍する選手を間近で見ることができる、声援が聞こえる距離、時には試合前後に会話できることも!? という、リアルでうれしい近さや、身近な球場で試合があったから行ってみたらハマったなどの、「近さ」が文章やマンガで次々と繰り出されてきます。けれどそれだけにとどまらず、選手や監督、チームに寄せる「心の近さ」を私は感じました。

同人誌 図書館 司書同人誌 図書館 司書 チーム紹介からスタート。短いながらも各球団の気になるポイントをチェック

試合のレポートも街歩きも、背伸びしない温かな応援の声

 寄稿の中に、BCリーグに所属する選手や監督の名前が何人も出てきます。期待している点やこんなプレイが良かったと評するのはもちろん、印象的なのは試合の前後について思いを込めた描写も多数。BCリーグに来る前、活躍、時には野球から離れることも……試合中だけでなく、選手の人生をも気に掛けるように長い目で見守るまなざしに、選手とのリアル距離の近さは心の近さでもあるのではないかと感じさせられます。

 さらにご本では人だけにとどまらず、球場に足を運んだ様子や遠征への旅路、各地に行ったときのパン屋さんのことなどなどが語られ、文章や写真、イラストやマンガで表現されています。文章もマンガも横書きという統一こそあれ、文字フォントなどの形式はさまざまで、なかには手書きのものも。このめいめいにできる表現の応援が不思議と心地いいんです。「近い」BCリーグに対して自分も無理やりに背伸びしないで、ほっと息を吐いてお付き合いできるような空気感とマッチしているように思います。

 そして身近=地味なんてことはもちろんなく、輝くスポーツ選手のまばゆさをぜいたくに堪能して「かっこいいよ!」「うれしいよ!」の感想がダイレクトに伝わって、読んでいるうちに「近さ」がなんともうらやましくなってきました。

同人誌 図書館 司書同人誌 図書館 司書 選手、チームのことからご当地の歩き方まで。文字も手書きの方が複数いらして、あたたかくてかわいい雰囲気が増してます

コロナ禍でも応援したい! を形に残して

 身近な親しみやすさを魅力に持つBCリーグですが、実はその分情報のたどりにくさは少しあり、今現在はより困難な状況にあるのかもしれません。

 例えば使用球場データの分析のページでは公式サイトがリニューアルされると、以前の出来事が途端にたどりにくくなることが指摘されていました。もともと大きくニュースになるような世界なら、一つの情報源が無くなってもネット上にほかの記事が残っている可能性は高いです。そして今までであればネットでかなわなければ紙媒体を探したり、選手やチームの今現在についてであれば「記事にならないなら自分の目で現場を見に行こう!」とフットワーク軽く補える面白さがあるはずですけれど、新型感染症の流行でなかなか難しい側面もありそうです。

 実は2020年5月に発行されたこのご本も当初は開幕直後の様子を熱く語る予定だったそうです。けれど実際には試合もできない状況下で……。そんな中、それなら! とこれまでを振り返って、今できることで自分たちの大切なものの魅力を伝えたい! と前に進まれ、本書を発行されたことはとても力強く感じます。

 BCリーグをはじめ、多くのスポーツが対策を講じながら試合を行っています。対策の絶対の正解の確立が難しい中、今までと、これからの間の中で「好きなものを今できる形で応援して行こう!」の声がしっかり詰まった熱があることがうれしくなりました。

同人誌 図書館 司書 対戦相手チームの独自作法に驚く……! ※徳島インディゴソックスは四国アイランドリーグplusのチームです

サークル情報

サークル名:ハチマキ球団

募集URL:https://www.asahi-net.or.jp/~eh1t-krd/BCLDojin/index.html

連絡先:bcleaguefun.dojin☆gmail.com(☆→@)、eh1tkrd+dojin☆gmail.com (☆→@)中の人(ハチマキくろだ)

Twitter:@BCLDojin@hatimaki_kuroda

現在入手できる場所:メロンブックスBOOTH

参加予定イベント:新潟コミティア(9月6日)、関西コミティア(9月27日)、北海道コミティア(10月11日)、おもしろ同人誌バザール(11月1日)など



今週の余談

 気を抜いたらずーっとアイスクリームが食べたくなるような日々です。この夏のヒットはアイスが入った大福です。おなじみなんですけど、あらためてしみじみおいしくてアイスクリームなのにかみしめる心持ちです!

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。


関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/12/news077.jpg フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  2. /nl/articles/2406/12/news126.jpg 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  3. /nl/articles/2406/12/news029.jpg 「1匹いたら100匹いる」「発生しなかったら奇跡」 ビオトープに侵入し崩壊させる“ヤバイ奴”の駆除方法に反響
  4. /nl/articles/2406/12/news013.jpg 「めちゃくちゃ怖い」 3LDKの一軒家→外に出ると…… まさかの危険すぎる設備に「どうやって運ぶの?」
  5. /nl/articles/2406/11/news026.jpg 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  6. /nl/articles/2406/12/news024.jpg パパが1歳娘を寝かしつけ開始、途中で様子を見てみると…… 驚きの展開への娘の反応に「可愛すぎて語彙力無くなる」「仲良し親子」
  7. /nl/articles/2406/12/news023.jpg 新婦入場をスマホで撮影する父、一番いいシーンでまさかの……? 大爆笑の展開に「歯磨き中に吹いてしまったw」「結末わかってたけど笑ったw」
  8. /nl/articles/2406/11/news023.jpg 食べた後のパイナップルのヘタを植える→3年後…… 驚きの姿に「凄すぎます」「家庭菜園レベチ」と138万表示
  9. /nl/articles/2406/11/news013.jpg 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. /nl/articles/2406/12/news116.jpg ヒロミ、“6000万円超の超高級外車”に乗る→即ロックオンされてしまう “営業トーク”の嵐には「ポラリス10台分か」「乗る男になったらすげぇな」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」