ニュース
» 2020年08月26日 20時55分 公開

「全米が泣いた」の意味は「なんの根拠もないこと」 新しいコトバを勝手に解説する『妄想国語辞典』第2弾が発売

皮肉がきいてます。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 「全米が泣いた」は「なんの根拠もないこと」の意――辞書にない言葉の意味を説明する『妄想国語辞典』の第2弾が2020年8月31日に発売されます。価格は1000円(税別)。

妄想国語辞典2・表紙 妄想国語辞典 第2弾 発売

 著者は、コピーライターの野澤幸司氏。ヴィレッジヴァンガードのフリーペーパー『VVmagagine』で連載中の「22世紀の言葉」に、書き下ろしのコトバやエッセーを追加しました。第1弾は2019年6月に発売されています(関連記事)。

 収録語の一部を紹介すると、

  • 「オーケーオーケーセンキューセンキュー」……【意味】英語がしゃべれないこと。
  • 「拡散希望」……【意味】内容次第なこと。
  • 「知り合いの知り合い」……【意味】ほぼ無関係なこと。
  • 「そういうご時世だから」……【意味】納得のいかない説明。
  • 「何階ですか?」……【意味】さりげない優しさ。
  • 「北欧デザイン」……【意味】絶大な信頼。
  • 「B型っぽいね」……【意味】複雑な気持ちになること。
  • 「変な話するけど」……【意味】極めて普通の内容。
  • 「全米が泣いた」……【意味】なんの根拠もないこと。

 などなど。言葉にやどる裏側の意味を深読みしたものが多く、現代人が“あるある”と納得できるものばかり。さらに、新しいコトバを使った【例文】も掲載されています。「学生時代の思い出なんてのはな、100均で領収書くださいくらいでちょうどいいんだよ」と言われたら、それは「ちょっと恥ずかしいくらいでちょうどいい」の意味。新しいコトバが使われる世界が広がっています。

妄想国語辞典2「一生のお願い」「いやー暑いっすね」

妄想国語辞典2「起きたら夕方」「お言葉ですが」

妄想国語辞典2・「コーンポタージュの缶の粒」「ゴキブリを仕留め損ねた夜」

妄想国語辞典2・「財布を持ちつつごちそうさま」「皿に残った最後のひとつ」

妄想国語辞典2・「全米が泣いた」「そばと日本酒」

妄想国語辞典2・「添付ファイルに50メガ」「トイレで昼寝」

妄想国語辞典2・「100年に1人の逸材」「100均で領収書ください」

 また、同書のイメージキャラクターとして俳優の松重豊さんを起用。「下北沢を舞台に妄想する男」をテーマにしたグラビアが収録されています。

妄想国語辞典2・表紙といくつかの言葉の例 扶桑社の出版です


高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10