ニュース
» 2020年08月28日 13時00分 公開

JR西日本、終電繰り上げを決定 最大30分早く、2021年春から

終電時刻が10〜30分ほど早まります。

[ねとらぼ]

 西日本旅客鉄道(JR西日本)は8月26日、2021年春のダイヤ改正で「終電時刻の繰り上げ」を実施すると発表しました。

photo 京都線・神戸線用の新型車両・225系電車(写真:呼んでる渋沢)

 JR西日本 近畿エリアの主要線区約50本の列車を対象に、10分〜30分ほど終電時刻を繰り上げる計画です。

 なお、利用者懸念の多かった東京方面からの最終新幹線(新大阪23時45分着)との接続はできる限り確保するとしています。線区ごとの具体的な時刻は2020年9月に公表予定です。

JR西日本 終電時間繰り上げ JR西日本 終電繰り上げの基本的な考え方
JR西日本 終電時間繰り上げ 終電繰り上げ検討に至った背景。近年、深夜時間帯利用者、特に24時台の利用者が大きく減っている。コロナ禍影響で2020年はこれがさらに顕著になると推定される
JR西日本 終電時間繰り上げ 終電時刻を早めることで、保線作業時間が長く取れるようになる
JR西日本 終電時間繰り上げ 終電繰り上げについてのアンケート結果。2020年7月時調査で20%の反対意見があったが「最終新幹線で自宅に帰れる」「接続する私鉄と同じ時間くらいまで運行」などが対応されれば反対は半分以下に減ったとする

 同社は、2019年までの乗客利用状況の変化と保守人員の減少(人員確保や効率、労働環境の改善)を背景に上げましたが、2020年はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で移動需要が大きく減退し、これまで安定した運賃収益の礎であった通勤客の生活様式はさらに大きく変わっています。

 終電繰り上げとともに、JR各社は「時間帯別運賃」(関連記事)などの導入も検討しています。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10