ニュース
» 2020年08月29日 12時25分 公開

「ブラックパンサー」チャドウィック・ボーズマン、結腸がんで逝去 早すぎるヒーローの死を悼む声集まる

2016年にステージ3の結腸がんと診断されたとのこと。

[のとほのか,ねとらぼ]

 マーベル映画「ブラックパンサー」の主人公、ブラックパンサー/ティ・チャラを演じたことでも知られるチャドウィック・ボーズマンが亡くなりました。8月29日にチャドウィックのTwitterで発表されました。43歳でした。

ブラックパンサー ティ・チャラ チャドウィック・ボーズマン 結腸がん ブラックパンサー/ティ・チャラを演じた(画像はYouTubeから)

 発表された声明によると、チャドウィックは2016年にステージ3の結腸がんと診断され、4年間闘病。2017年の映画「マーシャル 法廷を変えた男」や2020年に配信されたスパイク・リー監督のNetflix映画「ザ・ファイブ・ブラッズ」、今後配信予定の「Ma Rainey’s Black Bottom(原題)」は、手術や化学療法の実施と並行して撮影されたとのことです。

 続けて、「『ブラックパンサー』でティ・チャラを演じたことは、彼のキャリアにおいて名誉でした」とコメント。Twitterでは、チャドウィックの名前をはじめ、劇中に登場する「#WakandaForever」というせりふや、「RIP King」など同作にちなんだワードがトレンドの上位に浮上しており、早すぎるヒーローの死を悼んでいます。

ブラックパンサー ティ・チャラ チャドウィック・ボーズマン 結腸がん ワカンダよ 永遠に(画像はYouTubeから)

「ブラックパンサー」MovieNEX ティ・チャラのメッセージ付き予告編

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10