ニュース
» 2020年08月31日 14時30分 公開

「ホラー感がすごい」 「半沢直樹」白井大臣、銀行の一致団結に屈す 崩れ落ちた“片目開眼”で視聴者を圧倒

「わ・か・り・ま・す・よ・ね?」からのホラー。

[百合野綾,ねとらぼ]

 俳優の堺雅人さんが主演を務めるTBS日曜劇場「半沢直樹」の7年ぶり続編の第7話が8月30日に放送。女優の江口のりこさん演じる国土交通大臣の白井亜希子(以下、白井大臣)が、「タスクフォース合同報告会」で取引銀行から債権放棄を拒否され、豹変した怪演にネット上では大きな反響を集めました(以下、ネタバレあり)。

動画が取得できませんでした
日曜劇場『半沢直樹』9/6(日) #8 闇の真相 不正の証拠を掴め!!【TBS】

江口のりこ 半沢直樹 白井大臣 白井亜希子 迫力やばかった……!(画像はTBS公式「YouTuboo」から)

 今作は、作家の池井戸潤さんによる『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』を原作とした新シリーズ。第4話ラストで、東京中央銀行本店に復帰した半沢直樹(堺さん)が破綻寸前の巨大航空会社・帝国航空の経営再建を任命され、新章が幕を開けました。

 第7話では、帝国航空の余剰人員の受け入れ先として、計画を進めていたスカイホープ航空の新規路線の認可が、白井大臣の制圧によって突然却下に。半沢と対面した白井大臣は「この国の未来のために、御行はどうするべきか。今度こそ、わ・か・り・ま・す・よ・ね?」「プッ……面白いお方ー!」などと真っ向から喧嘩を売るばかり。

江口のりこ 半沢直樹 白井大臣 白井大臣を演じる江口さん(画像はTBS公式「YouTuboo」から)

 一方、500億円の債権放棄への回答期限である「タスクフォース合同報告会」が迫る中、半沢は最後の望みをかけ、帝国航空のメインバンクである開発投資銀行の谷川幸代(西田尚美さん)を説得。しかし、谷川は「私たちは政府に逆らうことなど許されない。どうしてもできないこともあるの!」と政府の呪縛から逃れられない葛藤を吐露。結局、半沢は谷川から債権放棄を拒否する意思を聞くことができないまま合同報告会を迎えました。

 合同報告会では、債権放棄を要請していた取引銀行6行に対して回答を求め、開発投資銀行と東京中央銀行以外の銀行は「主力および準主力銀行の決定に従う」と結論を下しました。これに続いた半沢は「我が東京中央銀行は、この債権放棄を拒絶します!」とし、役員会議で結論について「私どもの決議には、開投銀が同意した場合に限るという条件がついております」と説明。そして、遅れて登場した谷川は「開発投資銀行は、タスクフォースによる債権放棄の要請に対して見送りの決断を致しました」と言い放ちました。

西田尚美 谷川幸代 半沢直樹 谷川さんかっこよかった(画像はTBS公式「YouTuboo」から)

 この取引銀行による一致団結に、白井大臣は怒りに震え「政府の意向に逆らったのですか? 開投銀は政府系の銀……」と問うと、谷川は開発投資銀行の民営化法案が閣議決定したこと、銀行内の意思を取りまとめていたことを報告。計画を乱された白井大臣は頭を抱えながら崩れ落ち、片目を見開いて半沢らをにらみつけ、涙目で「や……ばい……」と声を漏らしていました。

 白井大臣が敗れたシーンでは、ネット上で「ここにきてすごい顔芸が見れた」「ここの白井大臣の顔めっちゃ好きwwww」「半沢に負けた形相、ホラー感がすごい」「夢に出てきそう……」「バリえぇ顔して悔しがるやん白井大臣www」「あの顔が良すぎて感情がぐちゃぐちゃになりました」と江口さんの表情に見入った人の声が殺到。

江口のりこ 半沢直樹 白井大臣 ついに負けた白井大臣(画像はTBS公式「YouTuboo」から)

 また「白井大臣ええキャラすぎて好き 原作より強烈」「嫌味さが素晴らしい」「江口さんの演技がうますぎて白井大臣めちゃくちゃ腹が立った」「今までの敵の中で圧倒的に嫌い」などヒール役を見事にこなす演技を称賛する声が上がっています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.