ニュース
» 2020年09月01日 16時44分 公開

さくら学院、結成10年の歴史に幕 飯田來麗、佐藤日向ら卒業生が感謝をつづる「私の人生にたくさんの夢と希望を与えてくれた」

そんな……。

[辻英実,ねとらぼ]

 アイドルグループ「さくら学院」が9月1日、現在の活動を2021年8月31日をもって終了することを公式サイトで発表。2010年の開校(結成)以来、総勢28人の小中学生タレントの成長を見届けてきたさくら学院に、卒業生らが感謝の思いをつづっています。

さくら学院 活動終了 三吉彩花 松井愛莉 飯田來麗 佐藤日向 10周年記念ビジュアル(画像はさくら学院 公式サイトから)

 さくら学院は、芸能事務所アミューズに所属する女子小中学生で結成されたアイドルグループ。「成長期限定ユニット」と銘打ち、学校生活をテーマに歌とダンスに加えて、「生徒会長」や「トーク委員長」などメンバーに役職を与えたり、さまざまな分野から有識者を招いた「公開授業」を開催するなど、「生徒たちが夢を実現し、一人一人がさまざまな分野で活躍できるスーパーレディーに成長していく」という育成方針を掲げています。

 発表によると、さくら学院の活動終了の理由は、10周年という節目にメンバーを取り巻く環境の変化などさまざまな状況を鑑みた結果、「より個々にあった育成を強化し、個人それぞれに特化した活動に注力していくという変化が必要」との考えから決断。

 今後は、在籍メンバーの白鳥沙南さん、野中ここなさん、田中美空さん、八木美樹さん、佐藤愛桜さん、戸高美湖さん、野崎結愛さん、木村咲愛さんの8人で2021年8月31日まで活動する予定で、公式サイトは「卒業生28名と共に築き上げた“伝統と絆”を大切に、このラスト1年を駆け抜けて参ります」とつづっています。

さくら学院 活動終了 三吉彩花 松井愛莉 飯田來麗 佐藤日向 在籍メンバーの8人(画像はさくら学院 公式サイトから)

 女優の三吉彩花さんや、モデルの松井愛莉さん、メタルダンスユニット「BABYMETAL」など、総勢28人の卒業生を輩出してきたさくら学院。結成時メンバー(当時12歳)で現在は女優の飯田來麗さんは、「人前で何かをするのが苦手だった私が人前に立つのが大好きになって、今では沢山の舞台に立たせて頂けています」「私の人生にたくさんの夢と希望を与えてくれたさくら学院」とあふれる感謝をTwitterとInstagramでつづりました。

さくら学院 活動終了 三吉彩花 松井愛莉 飯田來麗 佐藤日向 2010年の活動開始当時(画像は飯田來麗 公式Instagramから)

 同じく、結成時メンバーで現在は声優の佐藤日向さんは、「今の私が単独番組を持たせてもらえたり、ラジオをやらせて頂けたり、舞台の上で心の底から楽しんでパフォーマンスができるのも、全てこの学舎での経験があってこそです」とし、「これまで卒業生と在校生が残してきた色んな色の物語が皆さんの心の中で彩られ続けると信じています」「10周年、みんなにとって忘れられない年になりますように」とTwitterでエールを送っています。


 さくら学院の活動終了にファンからは「まさかすぎる…勝手に永遠だと思ってた」「たくさん顔笑る(“頑張る”の意)女の子たちと出会わせてくれたさくら学院がなくなるなんて…悲しい」「わたしにとっては小学生の時からさくら学院を見てたから、さくら学院がなくなったあとが考えられない」など、活動終了を惜しむ声が続々。「受け入れるのはしんどいけど、今まで続けてきてくれたことにひたすらの感謝です」「どうか残り1年間、さくら学院が精一杯輝けますように」など、応援のコメントが寄せられています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」