ニュース
» 2020年09月03日 18時00分 公開

正気か!? インドからイギリスへ、バスで70日 18カ国を巡る壮大なバスツアーが開催決定

18カ国に滞在、ツアーのお値段は約210万円!

[大泉勝彦,ねとらぼ]

 インドのデリーからイギリスのロンドンへ、バスで行く! 18カ国を陸路で走破するという思わず「正気か!?」と言いたくなるバスツアー「Bus to London」の募集が始まりました。

Bus to London インドからイギリスまでバスで移動するツアー「Bus to London」

 バスツアーを実施するのは、インドで数々の越境ツアーを開催する旅行会社「Adventures Overland」。同社では、インドからイギリスまでを自身の自動車で運転するツアーを手がけており、ツアーのルートは安全性を確認済みだといいます。

2019年に開催された自家用車でインドからイギリスへ向かうツアーの様子

 ツアーで予定している移動距離は2万キロ。18カ国を70日かけてバスで走破するという壮大なもので、インドから始まり、ミャンマー、タイ、ラオス、中国、キルギス、ウズベキスタン、カザフスタン。

 さらにロシア、ラトビア、リトアニア、ポーランド、チェコ、ドイツ、オランダ、ベルギー、フランスを経由して、最終目的地であるイギリスに向かいます。

Bus to London ツアーは18カ国をバスで巡るもの

 ツアーで使用するバスは3列のゆったりしたシートで、各座席に専用ロッカーやオーディオシステムを完備する高級バスであると発表されています。

Bus to London ツアーバスは豪華仕様

 また、ツアー中は現地のホテルに宿泊し、滞在する各国では数日の自由時間も設けられ、各地で観光を楽しめるようになっています。

 ツアー代金は全行程に参加する場合、150万インド・ルピー(約210万円、税別)で、ツアー定員は20人。代金にはツアー中の宿泊費、食事代、各国での英語ガイド、ビザ代金などが含まれます。

 ツアーは4つの行程に分割されており、インパール(インド)〜バンコク(タイ)、成都(中国)〜カシュガル(新疆ウイグル自治区)、ビシュケク(キルギス)〜モスクワ(ロシア)、モスクワ(ロシア)〜ロンドン(イギリス)の各行程だけの部分的な参加も可能。ただし、全行程に参加する人が優先されるため、確実に参加できるとは限らないそうです。

 なお、ロンドンからデリーに向かう逆方向のバスツアーも、2021年8月に開催される予定です。

Bus to London インパール(インド)〜バンコク(タイ)の行程
Bus to London 成都(中国)〜カシュガル(新疆ウイグル自治区)の行程
Bus to London ビシュケク(キルギス)〜モスクワ(ロシア)の行程
Bus to London モスクワ(ロシア)〜ロンドン(イギリス)の行程

大泉勝彦

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」