ニュース
» 2020年09月04日 19時55分 公開

大竹しのぶ、明石家さんまと35歳長男の2ショットに感動 互いを思いやる2人の姿に「幸せを感じる夜になりました」 (1/2)

きっとその場の全員が幸せになったバースデー。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 大竹しのぶさんが9月4日にInstagramを更新し、元夫・明石家さんまさんと35歳長男の2ショットを公開。パパと息子の思いやりに満ちたやりとりを報告し、「私自身が幸せを感じる夜になりました」と喜びいっぱいにコメントしています。

大竹しのぶ 明石家さんま 誕生日 どこか雰囲気が似ているような気も?(画像は大竹しのぶInstagramから)

 大竹さんは1982年にTBSディレクターの男性と結婚。1985年に長男を出産し、1987年には男性をがんで亡くしています。さんまさんと1988年に再婚しましたが、4年後の1992年には離婚。しかし、両者の関係はその後も良好で、2020年7月には毎年恒例となっている2人の合同誕生会を知人たちとともに開催したことをInstagramで報告しました。

大竹しのぶ 明石家さんま 誕生日 さんまさんが当時持ってきた「ドリームキャンドル」(画像は大竹しのぶInstagramから)

 長男は当時、さんまさんへのプレゼントとしてコーヒーメーカーを用意しましたが、大竹さんは「絶対に持ってるに決まってる」と内心不安だったそうです。しかし、さんまさんは「2日前に壊れたんやあ」と言い、この贈り物に大喜び。2人が親子として過ごした4年を超え、30年近くもこうした温かなつながりを維持し、一緒になって笑顔を浮かべる姿を見て、大竹さんは「私自身が幸せを感じる夜になりました」と深い感動をあらわにしています。

 さんまさんと長男の思いやりに満ちたやりとりを知ったファンからは、「優しさで繋がれている事は幸せで嬉しいですね」「ずーっと、親子の絆は育っていたんですね」「ステキな関係性!」と、親子の縁を越えた2人の絆にじんとする声が多数。「心が温かくなるインスタありがとうございます」「わたしまで嬉しくなってしまいました」と、親子のすてきなエピソードをおすそわけしてくれた大竹さんへ感謝の気持ちを伝える人も見られます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10