「お客様を選ぶ勇気持たないと」 モラハラな取引先に悩まされていた営業時代、先輩の言葉に励まされた漫画

「モラハラは誰も得しない」――ほんとそれ。

» 2020年09月05日 19時00分 公開
[沓澤真二ねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 モラハラな言動を繰り返す取引先に苦労していたら、先輩が毅然(きぜん)と対応し状況を改善してくれた――。漫画家のえりた(@erita_enikki)さんが広告代理店の勤務経験を描いた、「モラハラめいたお客様がいた話」がためになると好評です。


アイキャッチ 取引先の担当者は、高圧的な物言いで周囲を萎縮させてばかりいます。対応が難しい……


 当時のえりたさんは、求人誌の広告営業担当。担当していた取引先の女性を振り返り「今思えばモラハラだったのかも」と漫画にしています。


1P

2P

 彼女はいつも怒っていて、否定的な言葉を淡々と繰り返すような人物。えりたさんが求人広告の原稿を送ると、「ダサすぎるし地味だしセンスがない」などと、キツいダメ出しを電話で延々と聞かされたといいます。


3P

4P

 それでも求人広告の効果はあったようで、取引先には応募者が現れるものの、会社の求める水準が高いのか、なかなか採用には至りません。時にはえりたさんに怒りの矛先が向くこともありました。かつては他の広告会社との取引もあったようですが、いつのまにか彼女とやりとりする求人広告営業はえりたさんだけに……まあ、そりゃあそうなりますよね。


5P

6P

 その調子で取引は続き、約1年後にえりたさんは諸事情で退職することに。このやっかいな取引先は、先輩のYさんが引き継ぐことになりました。申し訳なさそうに「1社だけクセの強いお客様が……」と説明するえりたさんに対し、Yさんは「まぁ大丈夫っしょ!」と頼もしい様子です。


7P

8P

 えりたさんはYさんとともに、引き継ぎのあいさつのため取引先を訪ねました。するとここでもモラハラっぷりがさく裂。ハキハキと自己紹介するYさんに対し、「私ね、自信たっぷりの営業マン嫌いなのよ。みんな偉そうでさ。帰ってくれる?」と、取り付く島もない様子です。そんなこと口に出すかなあ普通……。


9P

 最悪なファーストコンタクトにえりたさんがうろたえていると、黙って相手の言い分を聞いていたYさんが、冷静に口を開きました。「ずいぶん……ほかの営業とのやりとりで嫌な思いをされたんですね。ご心労お察しします」と、相手を尊重したうえで、「ですが私も今、お客様の言葉で嫌な思いをしました」と、ストレートに切り返したのです。


10P

11P

 自分は営業の仕事に誇りがあり、お客様も自身の仕事に誇りがあるはず。誇りを持つ者同士が力を合わせれば求人広告で良い人材を採用することは可能――。Yさんはそう説くと、「あとはお客様次第です」と述べて、あいさつを済ませていきました。


12P

13P

14P

 その帰り道、Yさんはえりたさんに、発言の意図を説明しました。彼女が高圧的な態度をとることで得られるメリットは何もなく、社員も業者も求職者もどんどん離れていくでしょう。取引先がそのように道を誤っていたら、諭すのも営業としての優しさで、それが受け入れられずに取引が終わるようであれば、見切りを付けて別の客を探せばいいというのです。


15P

 「営業も客を選ぶ勇気を持つべき」とするこの考え方は、えりたさんにとって目からウロコが落ちるような教えとなりました。「受注をもらう側の営業は、相手より立場が下」というそれまでの認識が、「取引が始まれば、両者は利益を提供し合うパートナーであり、主従関係はない」と、改まったのです。


16P

 えりたさんの退職後、Yさんからは「あのお客様とはなんだかんだで取引が続いている」と連絡が。互いに伝えるべきことをはっきりと伝え、関係性を改善できている様子を聞いて、「本当の意味でお客様のためになる営業になろう」と、えりたさんは新天地で決意するのでした。

 漫画は「Yさんのバランス感覚がすごい」「普通なら取引を切るだけだけど、ちゃんと口にしてくれる先輩はいい人」と反響を呼びました。「売上が小さくとも訪問しやすい客を複数持つほうがプラス」「社内の上司や、夫婦の関係性にもいえる」など、参考になる意見も寄せられています。


 えりたさんは以前にも、取引先が悪徳商法をしていたエピソードを漫画化し話題に(関連記事)。営業職時代のさまざまな出来事をまとめ、『地元で広告代理店の営業女子はじめました』として書籍化しています。

作品提供:えりた(@erita_enikki)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」