ニュース
» 2020年09月06日 17時00分 公開

なぜここに? 地下洞窟で1950年代に製造されたクルマが見つかる 約100年前に廃止された鉱山

場所も相まって、ミステリーを感じる……!

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 米国のサウスダコタ州にある洞窟で、そこにあるはずがないモノが発見されて話題になっています。

 陽の当たらない地下深く、人が入るのも苦労する洞窟の奥で探索隊が見たものとは……!

photo 洞窟内で発見された謎のフォード車(画像:webページより引用)

 話題になっている洞窟は、2020年4月に州内の道路が突如陥没する事件がきっかけとなって発見されました。近くに住んでいた住人たちは避難を余儀なくされました。

 この陥没事件を調査するために、同州にある「パハサパ洞窟」を拠点に活動している探索隊が呼ばれ、事故原因などの調査にあたっていました。

photo 発見された洞窟のよう巣(画像:webページより引用)

 その調査中、洞窟の奥で探索隊は「ここにあるはずがないモノ」と出会いました。それは……クルマ!?

 発見されたクルマは、1950年代にフォードが製造したものと報告されていますが、彼らが調査した洞窟は1920年代に廃止された鉱山であることがわかっており、廃坑になった時期と製造された時期が一致しません。

 そもそもどうやってこんなところにクルマが運び込まれたのか……。比較的小さいクルマであるとはいえ、こんな場所に持ち込むのは簡単なことではありません。わけがわからないよ。

photo 誰のクルマなのかも分かっていません(画像:webページより引用)

 クルマが発見された洞窟内には水が流れている場所があったそうで、専門家は「洪水に巻き込まれて運ばれたのでは?」と推測していますが、果たして真相が明らかになる日はくるのでしょうか。

photo 洪水時に流れ着いたという見解も(画像:webページより引用)




※価格は記事掲載時点のものとなっています



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10