ニュース
» 2020年09月08日 17時00分 公開

「1つのことに夢中になれるのはすごく魅力的」 山田杏奈×玉城ティナ、“性”にほん弄される女子高生に感じたリアル 「荒ぶる季節の乙女どもよ。」インタビュー(1/2 ページ)

“性”によって振り回された女子高生と、振り回した女子高生を演じた山田さんと玉城さん。

[百合野綾,ねとらぼ]

 女優の山田杏奈さんと玉城ティナさんがW主演するドラマ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」(MBS/TBSドラマイズム枠)の放送が9月8日からスタートします。原作・岡田麿里さん、漫画・絵本奈央さんによる同名漫画を実写化した同作。色恋沙汰とは縁遠い学生生活を送っていた、文芸部に所属する5人の女子高生が、“性”にほん弄されながらも成長していく青春群像劇が繰り広げられます。

荒ぶる季節の乙女どもよ 山田杏奈 玉城ティナ W主演の山田杏奈さんと玉城ティナさん(Photo by Kazuo Yoshida

 主人公の小野寺和紗(山田さん)は、部活動で触れる文学には性描写が含まれるものもあり、描かれる行為に気恥ずかしさを覚える一方、興味をひかれる気持ちも。ある日、文芸部で「死ぬ前にしたいこと」について語り合っていたときに、菅原新菜(玉城さん)が「セックスです」と発言。その瞬間、これまで目をそらしてきた自らを取り巻く性と向き合い、振り回される日々が描かれていく――。

荒ぶる季節の乙女どもよ 山田杏奈 玉城ティナ (C)岡田麿里・絵本奈央、講談社/2020ドラマ荒乙製作委員会・MBS

 そんな“性”をきっかけに、感情が交差していく和紗と新菜。対象的なキャラクターを演じた2人が感じた女子高生のリアリティーはどのようなものだったのか。撮影を通じて絆が深まった彼女たちが、等身大の言葉で作品への率直な思いを語ってくれました。

荒ぶる季節の乙女どもよ 山田杏奈 玉城ティナ (左から)田中珠里さん、玉城さん、山田さん、横田真悠さん、畑芽育さん(C)岡田麿里・絵本奈央、講談社/2020ドラマ荒乙製作委員会・MBS


菅原新菜は“玉城ティナに対する世間的なイメージと似ている”

荒ぶる季節の乙女どもよ 山田杏奈 玉城ティナ ヘアメイク:今井貴子/スタイリスト:松居瑠里

――和紗は、文芸部の中でも性に“振り回される側”の立場でしたが、どう解釈して演じましたか?

山田: 和紗はすごく普通な子。とても素直なので、真っすぐ他の人の言うことをちゃんと聞こうと思って演じていました。その点、性には振り回されているけど、自分のことを押しつけないようにしているところは、すごくちゃんとしていて。応援したいなと思ってもらえるような子だと感じるし、ちゃんとそう写るように心掛けていました。

荒ぶる季節の乙女どもよ 山田杏奈 畑芽育 小野寺和紗を演じる山田さん、須藤百々子を演じる畑さん(C)岡田麿里・絵本奈央、講談社/2020ドラマ荒乙製作委員会・MBS

――一方の新菜は、文芸部のメンバーを“振り回す側”の役どころでした。

玉城: 新菜は後半になるにつれて、心の動きみたいなものがより前に出てきて人間っぽさが増してくるので、そこのキャラクターの変化をどうしていこうかなと考えていきました。後半との差をつけたかったので、最初はビシッと冷たく見えるような存在感を出すことを意識しました。

 人を振り回す側ではあるので、人のことを見ながらも見て見ぬふりをするところや、情けないところは本当に情けなくやろうと思って演じました。

荒ぶる季節の乙女どもよ 山田杏奈 玉城ティナ 菅原新菜を演じる玉城さん(C)岡田麿里・絵本奈央、講談社/2020ドラマ荒乙製作委員会・MBS

――自分と役が重なると思ったところと、ここは違うなと思ったところはありますか?

山田: 普通なところ、かな(笑)。

 和紗をいろんなタイプから分類するとしたら、普通な子だと思うんです。でも、実際演じてみたら、芯があると感じたし。いつでも人のことを思いやれるっていうところは、私にはないし実は普通じゃないなと思いました。

荒ぶる季節の乙女どもよ 山田杏奈 玉城ティナ ヘアメイク:菅長ふみ/スタイリスト:中井彩乃

――なるほど。玉城さんは?

玉城: 新菜は、玉城ティナに対する世間的なイメージと似ているように感じます。例えば、何を考えているのか分からなさそうとか。私に対して、そのような印象をお持ちの方もいるでしょうが、そのイメージと似ているのかなと思います。

 でも、新菜も普通に生きているだけで、周りがそういう風に思っているだけだと思うし、全然私も普通に生きているだけなんです(笑)。あとは、私も冷静な方だとは思いますけど、もっと新菜の冷静さみたいなものは見習いたいなって。

荒ぶる季節の乙女どもよ 山田杏奈 玉城ティナ

――そういったパブリックイメージと、自分とのギャップってどんなものだと思いますか?

玉城: 私ね、結構なんだろう……。どう思われていても別にいいので、何とでも! って感じ(笑)。自分自身で言うなら、マイペースなのかな? 自分のことが一番いまだによく分からないですね。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」