ニュース
» 2020年09月08日 17時00分 公開

「1つのことに夢中になれるのはすごく魅力的」 山田杏奈×玉城ティナ、“性”にほん弄される女子高生に感じたリアル 「荒ぶる季節の乙女どもよ。」インタビュー(1/2 ページ)

“性”によって振り回された女子高生と、振り回した女子高生を演じた山田さんと玉城さん。

[百合野綾,ねとらぼ]

 女優の山田杏奈さんと玉城ティナさんがW主演するドラマ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」(MBS/TBSドラマイズム枠)の放送が9月8日からスタートします。原作・岡田麿里さん、漫画・絵本奈央さんによる同名漫画を実写化した同作。色恋沙汰とは縁遠い学生生活を送っていた、文芸部に所属する5人の女子高生が、“性”にほん弄されながらも成長していく青春群像劇が繰り広げられます。

荒ぶる季節の乙女どもよ 山田杏奈 玉城ティナ W主演の山田杏奈さんと玉城ティナさん(Photo by Kazuo Yoshida

 主人公の小野寺和紗(山田さん)は、部活動で触れる文学には性描写が含まれるものもあり、描かれる行為に気恥ずかしさを覚える一方、興味をひかれる気持ちも。ある日、文芸部で「死ぬ前にしたいこと」について語り合っていたときに、菅原新菜(玉城さん)が「セックスです」と発言。その瞬間、これまで目をそらしてきた自らを取り巻く性と向き合い、振り回される日々が描かれていく――。

荒ぶる季節の乙女どもよ 山田杏奈 玉城ティナ (C)岡田麿里・絵本奈央、講談社/2020ドラマ荒乙製作委員会・MBS

 そんな“性”をきっかけに、感情が交差していく和紗と新菜。対象的なキャラクターを演じた2人が感じた女子高生のリアリティーはどのようなものだったのか。撮影を通じて絆が深まった彼女たちが、等身大の言葉で作品への率直な思いを語ってくれました。

荒ぶる季節の乙女どもよ 山田杏奈 玉城ティナ (左から)田中珠里さん、玉城さん、山田さん、横田真悠さん、畑芽育さん(C)岡田麿里・絵本奈央、講談社/2020ドラマ荒乙製作委員会・MBS


菅原新菜は“玉城ティナに対する世間的なイメージと似ている”

荒ぶる季節の乙女どもよ 山田杏奈 玉城ティナ ヘアメイク:今井貴子/スタイリスト:松居瑠里

――和紗は、文芸部の中でも性に“振り回される側”の立場でしたが、どう解釈して演じましたか?

山田: 和紗はすごく普通な子。とても素直なので、真っすぐ他の人の言うことをちゃんと聞こうと思って演じていました。その点、性には振り回されているけど、自分のことを押しつけないようにしているところは、すごくちゃんとしていて。応援したいなと思ってもらえるような子だと感じるし、ちゃんとそう写るように心掛けていました。

荒ぶる季節の乙女どもよ 山田杏奈 畑芽育 小野寺和紗を演じる山田さん、須藤百々子を演じる畑さん(C)岡田麿里・絵本奈央、講談社/2020ドラマ荒乙製作委員会・MBS

――一方の新菜は、文芸部のメンバーを“振り回す側”の役どころでした。

玉城: 新菜は後半になるにつれて、心の動きみたいなものがより前に出てきて人間っぽさが増してくるので、そこのキャラクターの変化をどうしていこうかなと考えていきました。後半との差をつけたかったので、最初はビシッと冷たく見えるような存在感を出すことを意識しました。

 人を振り回す側ではあるので、人のことを見ながらも見て見ぬふりをするところや、情けないところは本当に情けなくやろうと思って演じました。

荒ぶる季節の乙女どもよ 山田杏奈 玉城ティナ 菅原新菜を演じる玉城さん(C)岡田麿里・絵本奈央、講談社/2020ドラマ荒乙製作委員会・MBS

――自分と役が重なると思ったところと、ここは違うなと思ったところはありますか?

山田: 普通なところ、かな(笑)。

 和紗をいろんなタイプから分類するとしたら、普通な子だと思うんです。でも、実際演じてみたら、芯があると感じたし。いつでも人のことを思いやれるっていうところは、私にはないし実は普通じゃないなと思いました。

荒ぶる季節の乙女どもよ 山田杏奈 玉城ティナ ヘアメイク:菅長ふみ/スタイリスト:中井彩乃

――なるほど。玉城さんは?

玉城: 新菜は、玉城ティナに対する世間的なイメージと似ているように感じます。例えば、何を考えているのか分からなさそうとか。私に対して、そのような印象をお持ちの方もいるでしょうが、そのイメージと似ているのかなと思います。

 でも、新菜も普通に生きているだけで、周りがそういう風に思っているだけだと思うし、全然私も普通に生きているだけなんです(笑)。あとは、私も冷静な方だとは思いますけど、もっと新菜の冷静さみたいなものは見習いたいなって。

荒ぶる季節の乙女どもよ 山田杏奈 玉城ティナ

――そういったパブリックイメージと、自分とのギャップってどんなものだと思いますか?

玉城: 私ね、結構なんだろう……。どう思われていても別にいいので、何とでも! って感じ(笑)。自分自身で言うなら、マイペースなのかな? 自分のことが一番いまだによく分からないですね。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  5. /nl/articles/2104/12/news128.jpg 元“小学生ホスト”琉ちゃろ、中学入学で10年ぶりの黒髪に 母ちいめろは校則に苦言も、本人は「そんなに違和感がなくてびっくり」
  6. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  7. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  8. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  9. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  10. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声