ニュース
» 2020年09月09日 17時30分 公開

岡田眞善、お台場フジテレビへ向かうはずが東名高速で関西方面へ 140分におよんだ珍道中実況に「世にも奇妙な物語気分」 (1/2)

川崎→世田谷のフジテレビ→東名川崎→東名横浜青葉→お台場のフジテレビ。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 俳優、ラジオパーソナリティーの岡田眞善さんが9月7日、生放送番組出演のため東京・お台場のフジテレビへ向かうはずが、東名高速経由で関西方面へ。話を絶対に聞かないタクシー運転手と対決し、140分におよんだ珍道中をTwitter、ブログにまとめています。

岡田眞善 タクシー 運転手 フジテレビ グッディ 遅刻 生放送 ギリギリ 岡田真澄 世田谷のフジテレビ(画像は岡田眞善公式ブログから)

 7日11時30分、13時45分放送開始の「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ)出演のため自宅からテレビ局へ向かった岡田さん。ところが局から迎えにきたというタクシー運転手がかなりのくせ者。「いつもの人とは違う」という違和感が全ての始まりでした……。

 次第に普段と違う道のりを進み始めるタクシーを不審がり、しばしばツッコミを入れる岡田さん。しかし運転手は「ナビ通りに走ってますから大丈夫です」を繰り返すばかり。だんだんと不安が増す中で「もう着きますんでね」と岡田さんが降ろされたのは、球体のある銀色のビルとは全く異なる世田谷の「フジテレビ」でした。ここはどこ……?


 しかし岡田さんの珍道中はここで終わりません。目的地とは別の場所だったため再び走り出した一行ですが、首都高に乗るはずが気付けば「東名高速の東京料金所」が目の前に。逆方向だと主張する岡田さんの話をやはり運転手は耳に入れず「川崎から出て、東京まできてますから、大丈夫」とひたすら南へ向かいます。たとえ目的地まで約700キロ、到着予定時刻が22時過ぎと表示されようと、全くぶれません。


 かたくなにナビを信じる運転手をどうにか説得し、タクシーは高速を降りて千葉方面へ。なおも「いいんですか?」といぶかしげな運転手を説得・誘導しながらようやくフジテレビについたのは予定時刻から90分遅れ、生放送ギリギリの時刻でした。

岡田眞善 タクシー 運転手 フジテレビ グッディ 遅刻 生放送 ギリギリ 岡田真澄 通常は5000〜6000円程度の距離とのこと(画像は岡田眞善公式ブログから)

 Twitterでは岡田さんの体験に「読んでいて疲れた」「世にも奇妙な物語を見せられてる気分」との声も。また同業者を名乗るTwitterユーザーからは「カーナビ盲信もビックリですね」「本当に申し訳ございません」とねぎらいや謝罪コメントが寄せられています。

 なお岡田さんはあちこち連れ回された理由を「ナビの扱いが不慣れ過ぎる方」だったためと予想しています。運転手自身の人柄は「憎めない雰囲気」「悪意がない事は、わかるんです」としながらも「徹底的にセンスと方向感覚、地理感がない」とバッサリ。一連の出来事を志村けんさんが運転席にいるようだったと「タクシーコント」に例えています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン