ニュース
» 2020年09月10日 11時00分 公開

震災から9年後の東北が舞台 柴犬が主人公の漫画『柴ばあと豆柴太』の単行本が発売

温かくてじんわりしみてくる物語です。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 震災から9年後の東北を舞台にしたヤマモトヨウコ(@YY0905)さんの漫画『柴ばあと豆柴太 1』の単行本が9月10日に講談社から発売されました。ねとらぼ生物部で2020年6月〜8月に連載していた作品です。

柴ばあと豆柴太 『柴ばあと豆柴太 1』表紙

 ストーリーの中心になっているのは弁当屋を営む「柴ばあ」と自分を人間だと思っている愛犬の「豆柴太」。元気に暮らしているように見える柴ばあは、娘と孫を津波で失っています。

 柴ばあと豆柴太は、がれきの中で家族を探している時に出会い、持ちつ持たれつの関係で一緒に暮らしています。店を訪れるのは工事関係者や地元の高校生など。それぞれの立場で懸命に生きる人々を温かな視点で描いています。

柴ばあと豆柴太 柴ばあと愛犬の豆柴太
柴ばあと豆柴太 出会いは震災後のがれきの中でした
柴ばあと豆柴太 お弁当屋さんを営む柴ばあ
柴ばあと豆柴太 亡くなった娘と孫が犬を飼いたがっていました
柴ばあと豆柴太 東北グルメも登場します
柴ばあと豆柴太 地元の人にも人気の豆柴太
柴ばあと豆柴太 助け合って生きていく柴ばあと豆柴太の物語です

 作者のヤマモトヨウコさんは東北に転勤後、「自分の目で見たり聞いたりしたことを伝え届けたい」という思いで取材を続けています。『柴ばあと豆柴太 1』の内容は、ストーリー漫画4話、4ページの短編漫画4本、豆柴太がかわいい4コマ漫画、描き下ろしなど。A5判、128ページで価格は980円(税別)です。


(C)ヤマモトヨウコ/講談社

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10