ニュース
» 2020年09月10日 14時00分 公開

これは見続けてしまうやつ! 国立科学博物館が名機「YS-11」の組み立て作業をライブ配信 9月14日9時から (1/2)

戦後初の国産旅客機がよみがえる……! クラファン支援もぜひ。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 国立科学博物館が、現存する国産旅客機「YS-11(量産初号機)」の組み立て作業の様子をYouTubeニコニコ生放送で2020年9月14日9時からライブ配信します。配信期間は2020年9月14日9時〜9月18日17時です。

YS-11 ザ・ヒロサワ・シティの航空ミュージアムで組み立てを実施

 現場は、完成後に屋内展示する予定の茨城県筑西市「ザ・ヒロサワ・シティ」内航空ミュージアム。YS-11量産初号機の水平尾翼、垂直尾翼、ラダーなどの取り付け整備作業と現場の様子を5日間定点カメラで配信します。

 このYS-11量産初号機は2020年3月、解体された状態でザ・ヒロサワ・シティの現場へ運び込まれました。2020年7月に主翼やプロペラ、エンジンの取り付けが完了しており、いよいよ復元完了へという状況のライブ配信。多分見続けてしまうやつです。

 なお、9月15日13時から水平尾翼取り付け作業、9月17日12時30分から垂直尾翼とラダー取り付け作業の予定。こちらは移動カメラの稼働も予定します。

最後の大規模組立 −YS-11量産初号機組立作業−(YouTube)
YS-11 9月14日 最後の大規模組立 −YS-11量産初号機組立作業−定点カメラ(ニコニコ生放送)
YS-11 ラダー取り外し作業の様子
YS-11 垂直尾翼取り外し作業の様子
YS-11 水平尾翼取り外し作業の様子
YS-11 「YS-11」公開プロジェクト整備士チームの皆さん

 国立科学博物館はこの活動を「YS-11量産初号機公開プロジェクト」として取り組んでおり、クラウドファンディングで支援者を募集中(関連記事)。3000円から支援を受け付けています。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10