ニュース
» 2020年09月10日 14時00分 公開

これは見続けてしまうやつ! 国立科学博物館が名機「YS-11」の組み立て作業をライブ配信 9月14日9時から(1/2 ページ)

戦後初の国産旅客機がよみがえる……! クラファン支援もぜひ。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 国立科学博物館が、現存する国産旅客機「YS-11(量産初号機)」の組み立て作業の様子をYouTubeニコニコ生放送で2020年9月14日9時からライブ配信します。配信期間は2020年9月14日9時〜9月18日17時です。

YS-11 ザ・ヒロサワ・シティの航空ミュージアムで組み立てを実施

 現場は、完成後に屋内展示する予定の茨城県筑西市「ザ・ヒロサワ・シティ」内航空ミュージアム。YS-11量産初号機の水平尾翼、垂直尾翼、ラダーなどの取り付け整備作業と現場の様子を5日間定点カメラで配信します。

 このYS-11量産初号機は2020年3月、解体された状態でザ・ヒロサワ・シティの現場へ運び込まれました。2020年7月に主翼やプロペラ、エンジンの取り付けが完了しており、いよいよ復元完了へという状況のライブ配信。多分見続けてしまうやつです。

 なお、9月15日13時から水平尾翼取り付け作業、9月17日12時30分から垂直尾翼とラダー取り付け作業の予定。こちらは移動カメラの稼働も予定します。

最後の大規模組立 −YS-11量産初号機組立作業−(YouTube)
YS-11 9月14日 最後の大規模組立 −YS-11量産初号機組立作業−定点カメラ(ニコニコ生放送)
YS-11 ラダー取り外し作業の様子
YS-11 垂直尾翼取り外し作業の様子
YS-11 水平尾翼取り外し作業の様子
YS-11 「YS-11」公開プロジェクト整備士チームの皆さん

 国立科学博物館はこの活動を「YS-11量産初号機公開プロジェクト」として取り組んでおり、クラウドファンディングで支援者を募集中(関連記事)。3000円から支援を受け付けています。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響