ニュース
» 2020年09月14日 12時00分 公開

【マジで方言じゃないと思ってた】鹿児島出身者「“やんかぶってる”から、髪切りたい」 → 同僚「なんて?」 (1/2)

全国的には通じないらしい。

[ねとらぼ]

 え、この言葉通じないんですか!?―― そんな体験談を日本各地の方に聞く読者募集企画「マジで方言じゃないと思ってた」。今回は鹿児島県出身の方に「やんかぶってる」のお話を伺いました。

「頭がボサボサ」を意味する方言「やんかぶってる」

 高校卒業まで鹿児島県に住んでいて、東京都内で働いていたOL時代、同僚に「やんかぶってるから、髪切りたいんだが、近くに良い美容院はないか」と聞いたら「なんて?」と聞き返されたことがあります。それまで「やんかぶってる」は共通語だと思ってました。

 意味は「頭がボサボサ」に近いのですが、頭がボサボサの方が言い回しが長く感じるので「やんかぶってる」は今でも使っています。

―― たまにありますよね、方言だと分かっていてもそっちのほうが使いやすい、という。

 友人などの場合、「やんかぶってる」前後の「美容院に行かないといけない」といった言葉で意味を把握してくれることもありますが、そうでないと通じないですね。

※編集部注:「やんかぶる」は宮崎県の方言としても知られる。ちなみに「髪が伸びて頭がボサボサ」に似たニュアンスの方言としては、他にも「おえかぶる」(長崎県など)、「がっそー/おおがっそー」(岡山県など)といったものがある。

本企画では取材させていただける読者の体験談を常時募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10