ニュース
» 2020年09月11日 22時40分 公開

いま再びの荘園へ 舞台『Identity V STAGE』Episode3「Cry for the moon」公開ゲネプロ

ビジュアルのこだわりっぷりは健在。

[こた, 岩本新之助, 宮澤諒,ねとらぼ]

 舞台『Identity V STAGE』Episode3「Cry for the moon」が9月10日、東京のTACHIKAWA STAGE GARDENで開幕。11日には、メディア向けに公開ゲネプロが行われました。こちらの記事では、写真や動画とともに舞台の様子(ハンター編)をお伝えします。

Identity V STAGE 第五人格 サバイバー ハンター

 原作の「Identity V(第五人格)」は、中国のNetEase Gamesが開発・運営しているサバイバルホラーゲーム。1人のハンターと最大4人のサバイバーによって試合が展開され、サバイバー側はハンターから逃れながら条件をクリアし、ゲートから脱出することで勝利となります。舞台では、原作の許諾をとりながら、独自の世界観やストーリーが展開されます。

 舞台化は2019年11〜12月のEpisode1「What to draw」、2020年6月公開予定で残念ながらCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で中止となったEpisode2「Double Down」に続く3度目。「サバイバー編」「ハンター編」の2パターンの物語が用意され、9月15日と16日は、それぞれ特別衣装を着用したコメディー回となっています。

公開ゲネプロの動画と写真

Identity V STAGE 第五人格 サバイバー ハンター
Identity V STAGE 第五人格 サバイバー ハンター
Identity V STAGE 第五人格 サバイバー ハンター
Identity V STAGE 第五人格 サバイバー ハンター
Identity V STAGE 第五人格 サバイバー ハンター
Identity V STAGE 第五人格 サバイバー ハンター
Identity V STAGE 第五人格 サバイバー ハンター
Identity V STAGE 第五人格 サバイバー ハンター
Identity V STAGE 第五人格 サバイバー ハンター

舞台概要

会場

【東京】TACHIKAWA STAGE GARDEN

2020年9月10日〜9月18日

キャスト(敬省略)

占い師(イライ・クラーク):千葉瑞己

血の女王(マリー):大湖せしる

  • サバイバー

幸運児:橘りょう

医師(エミリー・ダイアー):鈴木麻祐理

弁護士(フレディ・ライリー):田中稔彦

泥棒(クリーチャー・ピアソン):石川竜太郎

庭師(エマ・ウッズ):藤白レイミ

空軍(マーサ・べハムフィール):山田美貴

機械技師(トレイシー・レズニック):坪井未来

心眼(ヘレナ・アダムス):河上英里子

カウボーイ(カヴィン・アユソ):田中晃平

納棺師(イソップ・カール):平井雄基

探鉱者(ノートン・キャンベル):須賀京介

祭司(フィオナ・ジルマン):Peach.

呪術師(パトリシア・ドーヴァル):音羽美可子

野人(モウロ):クラウス

曲芸師(マイク・モートン):瀬戸啓太

  • ハンター

リッパー(ジャック):成松慶彦

芸者(美智子):大滝樹

黄衣の王(ハスター):ひのあらた

写真家(ジョゼフ):五十嵐啓輔

狂眼(バルク):山谷勝巳

白無常(謝必安):國島直希

黒無常(范無咎):縣豪紀

泣き虫(ロビー・ホワイト):渡部大稀

魔トカゲ(ルキノ):モウジーン兼史

復讐者(レオ・ベイカー):森一平

大城ベイリ

保野優奈

五十嵐香純

真辺彩加

荒木浩介

弓野航平


関連キーワード

舞台 | 動画 | 原作 | ゲーム


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10