ニュース
» 2020年09月14日 06時00分 公開

草なぎ剛、トランスジェンダー役で『週刊文春』グラビアに登場 美しいショートカット姿を披露

映画「ミッドナイトスワン」で草なぎさんが演じる「凪沙」として、グラビアに登場します。

[羽野源一郎,ねとらぼ]

 タレントの草なぎ剛さん(「なぎ」は常用外漢字)が、9月24日発売の『週刊文春』巻頭グラビア「原色美女図鑑」に、映画「ミッドナイトスワン」(9月25日公開)で演じたトランスジェンダーの女性「凪沙」(なぎさ)として登場。男性が演じるキャラクターを“新人女優”として登場させるのは、「原色美女図鑑」の連載史上で初めての展開とのことです。

草なぎ剛 ミッドナイトスワン 週刊文春 原色美女図鑑 “新人女優の凪沙”として登場する草なぎさん。撮影/ミナモト(漢字はさんずいに「首」)忠之

 「ミッドナイトスワン」は、女性として生きていく苦悩を抱えながらも、ひたむきに生きる主人公・凪沙の姿を描いた作品。育児放棄にあっていた親戚の一果(服部樹咲さん)を預かることになった凪沙が、次第に「母になりたい」との思いを抱く物語です。

 草なぎさんが凪沙として登場する「原色美女図鑑」は、これまでさまざまな美女が誌面を飾ってきたグラビア連載。過去、男性が登場する際には「原色美男図鑑」と名前を変えていましたが、今回は“新人女優の凪沙”として登場することを受け、「原色美女図鑑」のタイトルのまま掲載。連載32年目で初めての決断が下されました。

 撮影は写真家の渞忠之さんが担当しており、草なぎさんは「皆さんのお力添えによって、1カット1カット撮るごとに、僕の中の“凪沙”が出てきた感じがありました」とコメントしています。

 また、巻末のグラビア「男の肖像」では、草なぎさん本人として登場。番組収録時の様子や、愛犬クルミちゃんとのショットなどが収められており、インタビューでは、「ミッドナイトスワン」での役作りや共演者とのエピソードなどについて語っています。

草なぎ剛 ミッドナイトスワン 週刊文春 原色美女図鑑 小説『ミッドナイトスワン』。文春文庫刊

草なぎ剛 ミッドナイトスワン 週刊文春 原色美女図鑑 『ミッドナイトスワン SPECIAL CINEMA BOOK』は9月25日発売

 なお、監督と脚本を手掛けた内田英治さんによる小説『ミッドナイトスワン』が販売中で、草なぎさんの限定インタビューや、凪沙の撮りおろし写真を収録した『ミッドナイトスワン SPECIAL CINEMA BOOK』が9月25日に発売されます。

草なぎ剛さんコメント

 皆さんのお力添えによって、1カット1カット撮るごとに、僕の中の“凪沙”が出てきた感じがありました。僕より、周りのスタッフが凪沙というキャラクターを愛してくれてるので、その気持ちに応えられるように頑張りたいな、と。きっと、いいものになってるんじゃないかなと思います。

(C)文藝春秋

(C)2020 Midnight Swan Film Partner



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.