ニュース
» 2020年09月16日 09時00分 公開

新津駅「越後釜めし(海の幸)」(1080円)〜復活をあきらめない! 羽越本線ゆかりの蒸気機関車

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2020年5月8日)

駅弁 E653系電車・特急「いなほ」、羽越本線・村上〜間島間(2019年撮影)

新潟〜酒田・秋田間を結ぶ特急「いなほ」号。

羽越本線・村上〜間島間には、デッドセクションが設けられているため、直流・交流両方の電化区間を走ることができるE653系電車が使われています。

また、普通列車には、電化方式に関係なく走行が可能なGV-E400系気動車をはじめとしたディーゼルカーが使用されています。

駅弁 C57形蒸気機関車+12系客車・快速「SLやまぐち号」、山口線・地福駅(2007年撮影)

羽越本線も電化される昭和40年代までは、蒸気機関車がけん引する列車が健在でした。

いまもJR西日本エリアで活躍するC57形蒸気機関車のトップナンバー・1号機も、国鉄時代は新津機関区を拠点に羽越本線で活躍していたと言います。

しかも、昭和30年代には村上〜間島間で土砂崩れに巻き込まれ大きな被害を受けながら復活し、昭和天皇のお召列車の牽引機にも選ばれたという、運のいい“カマ”なのです。

(参考)「新潟の鉄道百年」ほか

駅弁 越後釜めし(海の幸)

そんな“シゴナナ”1号機の新津時代に思いを馳せていただきたい新津駅の駅弁といえば、「神尾弁当部」の「越後釜めし(海の幸)」(1080円)かもしれません。

もちろん、いまは都道府県を越えた移動が強く自粛されていますので、神尾弁当部の「ネットオーダー(通信販売)」で入手。

羽越本線の風景とSLの画像を観ながら、バーチャル旅気分を楽しむのがよさそうです。

駅弁 越後釜めし(海の幸)

【おしながき】

  • 醤油めし(新潟県産コシヒカリ)
  • 鮭の塩焼き
  • ヤリイカの姿煮
  • ホタテ煮
  • いくらの醤油漬け
  • かまぼこ
  • 錦糸玉子
  • 山せり漬け
駅弁 越後釜めし(海の幸)

醤油味のごはんが詰まったずしりと重い陶器釜にかけられた掛け紙を外して蓋を開けると、大きな焼き鮭といくらが“親子”で登場!

やりいかの姿煮とほたての煮つけもゴロッと載っていて、“海の幸”にふさわしい構成です。

「通信販売」のメリットは、陶器製容器の駅弁でも持ち帰りを気にせず購入できること。

釜を普段の料理に再利用すれば、駅弁をいただいた後も、旅気分がず〜っと続きます!

駅弁 E653系電車・特急「いなほ」、羽越本線・五十川〜あつみ温泉間

現在は電車や気動車、電気機関車牽引の貨物列車が行き交う羽越本線。

かつてこの地を走ったC57形蒸気機関車1号機は、戦災・震災を乗り越えて、いまも現役の蒸気機関車として多くの人を魅了しています。(5/8現在、「SLやまぐち号」は運休中)(2020年8月1日に運転再開)

鉄道も駅弁も私たちの生活もみんな苦しい時期ですが、“奇跡の機関車”に思いを馳せて、新津の駅弁をいただきながら、復活を「あきらめない」気持ちをまた新たにいたしました。

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」