ニュース
» 2020年09月16日 07時00分 公開

手のひらにのる小さな犬型ロボット 奇妙な動きで話題になった四つ足ロボ「スポット」を小さくしたみたい

SFのような世界を自宅で体験できそう。

[関口雄太,ねとらぼ]

 手のひらサイズの犬型ロボット「Bittle」がクラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場しました。動きがキモいと話題になった四足歩行ロボ「スポット」(米Boston Dynamics)に似たロボットが、個人で持てる大きさと価格になりました。


奇妙な動きで話題になった犬型ロボット「スポット」がミニサイズに 手のひらに載るBittleが販売へ

奇妙な動きで話題になった犬型ロボット「スポット」がミニサイズに 手のひらに載るBittleが販売へ

 Bittleは4本の足で動く、小さな犬型ロボット。バネのようにはずむ関節による独特な動きで、かわいらしさと奇妙な雰囲気が漂います。走りまわったり、転んでも自ら立ち上がったりする姿はまるでSFに登場するロボットのようです。


奇妙な動きで話題になった犬型ロボット「スポット」がミニサイズに 手のひらに載るBittleが販売へ

 Bittleはセットを組み立てて、GitHubからデモコードをダウンロードすることで動き出します。動き方はカスタマイズ可能。プログラミング学習に活用できることから、STEM教育企業TinkerGenと協力して、プログラミングソフト「Codecraft」を使った学習カリキュラムを無料で提供する予定とのことです。

 また、頭部を取り付けることで、より犬らしい見た目に。頭部にはセンサーを搭載しており、物を追尾することができます。


奇妙な動きで話題になった犬型ロボット「スポット」がミニサイズに 手のひらに載るBittleが販売へ

 必要なパーツがすべてそろう「Bittle Kit」の支援は255ドル(約2万7000円)から。なおプロジェクトは日本時間の10月1日23時に終了します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」