ニュース
» 2020年09月19日 14時58分 公開

「お願い、戻ってきて!」 I-LAND、最終デビューメンバーが決定 プロデューサー評価1位の日本人練習生の脱落にファン悲痛

波乱すぎる……。

[辻英実,ねとらぼ]

 韓国のサバイバルオーディション番組「I-LAND」が、9月18日に放送された最終回(Abema TV、Mnetなどで放送)をもって完結。グループ名と、視聴者投票とプロデューサー協議によって決定したデビューメンバーの7人が明らかになりました。

I-LAND アイランド 最終回 デビューメンバー ケイ ニキ Instagram 最年長でメンバーから「ヒョン(お兄さん)」と慕われていたケイ(画像はMnet I-LAND 公式Instagramから)

 同番組は、男性アイドル養成/発掘を目的とした観察型リアリティー番組。BTSが所属する韓国の芸能事務所「Big Hit Entertainment」と、「IZ*ONE」や「JO1」などを輩出したオーディション番組「PRODUCE」シリーズを企画したCJ ENMの共同制作による番組で、Abema TV、Mnet、スカパーなどの動画ストリーミングサービスから視聴が可能です。

 23人の“志願者”と呼ばれる練習生たちから始まり、養成施設「I-LAND」へ行く12人をメンバー同士で投票し合ったり、「I-LAND」での12人の共同生活が始まってからも、ほぼ毎エピソードで1人脱落者が発表されたりと、波乱の展開が日本でも話題となっていました。

 18日の最終回は生放送で行われ、最終候補まで残った練習生9人が最終課題のために書き下ろされたオリジナル曲「Calling (Run To You)」のパフォーマンスを披露。その後、171カ国からのファンたちが参加するグローバル投票で6人のデビューメンバーが選ばれ、Big Hit Entertainmentの代表であるパン・シヒョクを中心としたプロデューサー陣による協議によって7人目のデビューメンバーが発表されました。また、グループ名は記号のハイフンが言葉をつなぐように、「お互いがつながりあって共に成長する」という意味を込めた、「ENHYPEN(エンハイフン)」となったことが分かりました。

I-LAND アイランド 最終回 デビューメンバー ケイ ニキ Instagram 最終候補の9人(画像はMnet I-LAND 公式Instagramから)

 最終候補者9人の中からデビューを手にしたのは、視聴者投票で1位のヤン・ジョンウォン、2位のジェイ、3位のジェイク、4位に日本人練習生のニキ、5位のイ・ヒスン、6位のパク・ソンフン。そして、プロデューサー陣からの選抜枠としてキム・ソヌが選ばれました。

I-LAND アイランド 最終回 デビューメンバー ケイ ニキ Instagram デビューメンバー一覧(画像はMnet I-LAND 公式Instagramから)

 脱落してしまったのは、最終回直前のコンセプトテストで、プロデューサー陣による評価で1位を獲得していた日本人練習生のケイと、順位に苦しみながらも14歳の最年少メンバーとして成長を見せ続けた韓国系アメリカ人練習生のダニエル。番組放送後には、「I-LAND」の公式Twitterへ「ケイくんお願い戻ってきて!」「なぜ....ケイはデビューする準備ができていたのに」など、日本国内外のファンから、大本命ケイの予想外の脱落を惜しむ声が寄せられています。また、ハッシュタグ「#Bring_K_Back」や「#K_WE_LOVE_U」で、オンライン署名サイト「Change.org」を使ってケイの復活を切望する海外ファンのツイートも見られました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響