ニュース
» 2020年09月20日 22時00分 公開

「ずっといっしょにおたんじょうびしようね」 13歳になった犬の目線で描かれる漫画が温かい気持ちになる (1/2)

一緒に年を重ねた飼い主と愛犬のやさしいお話です。

[宮原れい,ねとらぼ]

 飼い主と愛犬、お互いにとってのかけがえのない日々を13歳になった犬目線で描いた漫画「ぼくとおかさん」が、かわいさと癒やしで心をあたたかくしてくれます。作者はあたちたち(@atachitachi)さん。


ぼくとおかさん 漫画 犬 あたちたち あいらしいシニア犬と“おかさん”の日常漫画です

 今日で13歳になった犬の“ぼく”は、彼の飼い主である“おかさん”と「おなじたんじょうびで おないどしなんだって」と、一緒にお祝いできることをうれしそうに語ります。彼はふかふかのお布団(クッション)をもらい、おかさんには一番のお気に入りのおもちゃをプレゼント。そこに言葉はなくとも、お互いに気持ちは通じ合います。

 「ずっといっしょにおたんじょうびしようね」「ずーっといっしょにいるからね」。ふたりは寄り添い、いつも通り変わらない幸せな時間を過ごします。


ぼくとおかさん 漫画 犬 あたちたち 「ぼくとおかさん」第1話
ぼくとおかさん 漫画 犬 あたちたち 一緒にお誕生日をお祝いします
ぼくとおかさん 漫画 犬 あたちたち これからもずっと続きますように

 2話では、ふたりのお散歩が描かれます。おかさんを引っ張らないようにたまに確認しながら、昔よりとてもゆっくりになったお散歩を楽しみます。これまで一緒の時間を過ごしてきた証のように、同じように白くなって、いろいろとゆっくりになったふたりです。

 そんな日々の中で、飼い主の願いと思いを感じ取ったのでしょう。“ぼく”は「元気でいるよ」「元気でいるね」と、大切な“おかさん”に心の中で伝えるのでした。飼い主を思う愛犬のやさしい思いと愛にほっこりして涙が出る……。


ぼくとおかさん 漫画 犬 あたちたち 一緒に年を重ねた愛犬からの言葉に「ありがとう」と言いたくなる……

 お話はあたちたちさんのTwitterで更新中。9月15日時点で第6話まで公開されています。コメントでは「じーんときた」「すごくあったかい気持ちになる」「涙があふれてくる」と感動する声や、「おかさんになりたいな」「(愛犬が)こう思ってくれてるといいなぁ」と実際に犬と暮らす飼い主さんからの声も寄せられています。

 あたちたちさんは、以前に柴犬との幸せな暮らしを描いた漫画が話題に(関連記事)。こちらはpixivコミックで試し読みでき、『しばいぬのあたちたち』として書籍化もされています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10