インタビュー
» 2020年09月20日 11時30分 公開

「ストリップは自分が辛い時ほど心に残る」――『女の子のためのストリップ劇場入門』作者に聞く“劇場という場所”(1/2 ページ)

作者・菜央こりんさんにインタビュー。【後編】

[池田智,ねとらぼ]

 「ストリップの魅力を伝えたい!」と制作した同人誌が目に留まり、雑誌連載がスタート。7月にはエッセイコミック『女の子のためのストリップ劇場入門』の単行本が発売された菜央こりんさんが、風俗でも芸能でもある不思議なエンターテイメント・ストリップの魅力を語るインタビュー。

 後半は劇場で出会う男性の優しさや、サードプレイスとしての魅力、性風俗で働く人たちのことを伝えるにあたっての配慮などについて話をうかがいます。

 アイドル・宝塚・バーレスクなど、さまざまな芸能がある中、ストリップだからこその魅力とはいったい何なのか。そして、それは見ている人の心にどんな影響を与えるのか。ストリップ独自の魅力をさらにじっくりと語ります。

おじさんたちの優しさや乙女心が見えてくる

――本書の楽しさのひとつが、出てくるお客さん――主におじさんの顔にバラエティがあって、しかも全員なんとなくかわいい感じがするところです。

 踊り子さんの3倍くらいおじさんを描いていると思いますね……。ストリップという世界の“周辺”のことを描こうとすると、見に来るお客さんのことを描く必要があるので。劇場に行っておじさんたちの顔を覚えたりしています。

菜央こりんさんインタビュー 劇場でくつろぐ仲の良いおじさんたち

――現場で見かける人というか、「これ、あの人かな?」と思う人がたくさん出てきますね。おじさんに対する敬意を感じます。

 はい、男の人がとても紳士的に見ているというのも、劇場に行って驚いたことの一つです。途中で野次を入れたりするのかと思ってたけど、それもなく。ストリップ劇場にはいろいろな身体の方がいるし、50代の踊り子さんもいらっしゃるんですけど、演者によってお客さんがあからさまに減ったりしないことにもほっとしました。もちろん人気のある人はいるんですけど、概ねちゃんと一通り観て、拍手をして……。

 今思うと、“ストリップだからこそ”の男性の態度があるような気がします。慣れてない人に席を譲ったり、踊り子さんに花束をあげたり、ツイッターでクソリプはしなかったりとか、そういう気遣いみたいなのを知れて。

――ツーショット撮影の時に迷っているとフォローしてくれたり、踊り子さんの次の公演の予定を教えてくれたり。

 若い女の子とおじさんって対立しがちじゃないですか。私もわかりあえない存在だと思ってたし。ただ、おじさんという表現でひとくくりにしてしまうのは、男性を馬鹿にしていたなって。我々女も「女をサイゼリヤにデートにつれていくと怒る」とか言われると「そんなことない! ひとくくりにしないで」って怒るのに。

 メディアに出てくる男性はホモソーシャルな世界での強者ばかりですよね。そうでない人は、弱者と言われて、馬鹿にされたり、けなされたりしている。でも、メディアに勝ち上がってこないけど、優しい男性がいる……。男性のそういう部分を引き出せる場であるというのはすごく作品に反映しています。

――男性の乙女心を肯定する場所という側面もありますよね。エロい気持ちで入った人が、普段見慣れていないであろう美しい衣装を着て踊る踊り子さんたちを見ていくうちに、徐々に「ダンスが美しい」とか「リボンがはためくのがかわいい」ということにときめいたりする。男性にとっても、今まで気が付かなかった自分を見つける場所なのかなと。

「面白い」と感じたことは伝えるけど、「馬鹿にはしない」

――これは単行本ではなく、同人誌の話になりますが、2018年に閉館した芦ノ牧温泉劇場のことを描いた『ストリップ劇場遠征女サラバ! 福島編』も印象的です。芦ノ牧温泉劇場のストリップは、「潮吹きを鋭く遠くへ飛ばす」という、それこそ見世物小屋的な、芦ノ牧温泉だけで行われていた芸でした。だけど、それを昭和レトロ的な感傷や哀愁でくるまない。そうではなくて、「そこにいるプロフェッショナルが、昔からやっているこういう芸を見せてくれた」というフラットな描写なんですよね。露悪的でも、同情的でもない。

 びっくりしたり面白いと思ったりするけど馬鹿にはしない……。たとえば、潮吹きにはやっぱりびっくりするんですよ。でも、「潮吹きなんて汚い」とか、演者が傷つくようなことは描かない。私は汚いと思っていないし。「世間的に見てどう」というのも描かない。私が受け止めたことを、相手が傷つかないように、でもみんなが知りたいように描くという匙(さじ)加減ですかね。そういう風に描くことで、世の中にそういう仕事があるということを、面白く見られるきっかけになるかなと思ってます。

 その仕事を選んでるっていうことは、何かしらの魅力が、多分、ある。もちろん、やりたくないけど仕事としてやってる人も絶対いますけど、もし、仕事としてこちらを楽しませようと力を尽くしてくれていると感じたら、そういう側面を描きたいなと思います。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  2. /nl/articles/2108/03/news016.jpg 柴犬「ぬれるのイヤ〜!!」→その後の行動に爆笑 飼い主のズボンでゴシゴシ顔をふくワンコが面白かわいい
  3. /nl/articles/2108/03/news073.jpg 「四千頭身」石橋、体操銅メダルの村上茉愛とは“かなり仲良い友達” 「結構前の写真」投稿も別箇所に注目集まる
  4. /nl/articles/2108/02/news119.jpg タクシー相手に「あおり運転」繰り広げたミニバン 巻き込まれて急停止したトラックから泥化した土砂がドシャアと降り注いで破壊される
  5. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  6. /nl/articles/2107/09/news134.jpg 「全ての支出を一度見直してみました」 小倉優子、“食費15万円”の反響を受けて節約生活スタート
  7. /nl/articles/2108/03/news007.jpg 暑い日、ミツバチご一行が手水舎に訪れ…… 専用水飲み処を作った神社の対応に「素敵」「優しいお宮さん」の声
  8. /nl/articles/2108/02/news111.jpg 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  9. /nl/articles/2108/02/news038.jpg 「実は私…人の心が読めるの」クラスメイトから突然の告白、その真意は? 全部バレちゃう漫画がキュンとなる
  10. /nl/articles/2108/03/news102.jpg 小倉優子、週刊誌報道に「当たり前ですが、私の働いたお金で生活しています」 7月に月の食費「15万円」と公表

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する