インタビュー
» 2020年09月19日 11時30分 公開

「なんで女の子なのに女の人の裸を観に行くの?」 不思議な芸能“ストリップ”の魅力を語りつくす『女の子のためのストリップ劇場入門』作者インタビュー(1/2 ページ)

作者・菜央こりんさんにインタビュー。【前編】

[池田智,ねとらぼ]

 「きれいな女の人の身体が見たい!」――そんな動機で訪れたストリップ劇場で、次々とカルチャーショックを受け、ストリップのとりことなった菜央こりんさん。

 「ストリップの魅力を伝えたい」と発行した同人誌が出版社の目に留まり、青年マンガ誌『イブニング』(講談社)でのエッセイマンガ連載『女の子のためのストリップ劇場入門』がスタート。7月に単行本が発売されました。

 今回のインタビューでは、同人誌時代からの菜央こりんさんの読者であり、ストリップ客仲間である記者が、「なぜそんなにストリップに心惹かれるのか」じっくり話を聞きました。昭和の遺産、滅びゆく芸能と捉えられがちな「ストリップの今」に迫ります。

「若くなくちゃ」「きれいじゃなきゃ」から解放された

――菜央さんは2017年からストリップ劇場に行き始めています。きっかけはなんだったのでしょうか?

 女友達から「ストリップ行った。すごくきれいでよかった」という話を聞いたのがきっかけです。それまでストリップって、自分の頭の中では架空の存在だったんです。「そもそもまだあるんだ」「女の人も入っていいんだ」みたいな。最初は見世物小屋みたいな想像をしますよね。あとドリフの「ちょっとだけよ」とか。ちょうどそのときすごく美意識が高まっていて、「きれいな女の人が見れる!」という気持ちで訪れました。

――初めて見たときの感想はどんなものでしたか?

 最初はただ「裸を見るところ」というイメージだったので、「裸が来るぞ」という気持ちで見ていたら、とてもきれいな衣装の女性が出てきて、まずそれにびっくりしました。それから、ダンスがうまい! まず本格的なダンスが出てくるって思わないですよね。しかも、若くてきれいな子なんですよ。そして、脱いだら「毛穴がない!」。最初はそんなことにびっくりしました。

菜央こりんさんインタビュー 本格的なダンスと豪華な衣装にびっくり!

――「ダンスパートが長い!」は初見あるあるですね。

 はい、それからどんどんハマっていって。そうして観ていくうちに、いわゆる若くてきれいな子だけでなく、年齢も体型もさまざまな人がいることがわかってきたんです。

 私は年齢で判断されることや、見た目をとやかく言われることが多くて、以前は「若くなきゃ」「きれいな身体でいなきゃ」という気持ちが強かったんです。だからこそ「きれいな身体を観てみたい」という気持ちがあった。今思うと、最初に見に行った時の「美意識が高かった」というのは「若くなきゃいけない」という気持ちの現れなんですよね。

 女の人って身体のパーツを世間にジャッジされるじゃないですか。おっぱいの大きさとか、ウエストとか。でも、ストリップを見ていると、私だったら気にするだろう部分、世間からあらと言われるような部分が目に入ってきます。セルライトや整形のあと、リストカットも。

――ステージも近いので、身体のすみずみまで目に入りますね。

 だけど、たとえ世間から見てあらと言われるような部分があっても、その時私たちはその人のステージへの姿勢、演目への工夫、笑顔とかさまざまなものを同時に見ている。その瞬間にその人のすべてを受け取っているから、世間からあらと言われる部分があったからと言って、その人のことを馬鹿にしたり、嫌いになったりはしない。そういうふうに思えたし、「他の人もそうなのかもしれない」って思えたことはすごく力になりました。

マンガにしたら伝わるかもと同人誌を作成、『イブニング』での連載へ

――本書はもともと同人誌で発表されたもので、コミティアなどで評判になったことをきっかけにイブニングでの連載が始まりました。同人誌にするまでの流れを聞いていいですか。

 ストリップを友達に教えてもらって、すごく衝撃を受けたし、さっき話したように心が軽くなった部分もあったから「みんなに教えたい」と思いました。でも、言葉で説明してもそのすごさがあまり伝わらなかった。それ以前にも同人誌を作ったことはあったんですが、「ストリップを伝えるにはマンガの方がいいかもしれない」と思って、2017年に最初の同人誌『女の子のためのストリップ劇場入門』を発行しました。

――出してみての反応は?

 ZINEの販売店に20冊ほど委託したら、ストリップが好きな方たちが気づいて買いに来てくれたようで、すぐになくなりました。それからコミティアに出したら、ストリップ好きな方はもちろん、タイトルから興味を持ってくださった方も買ってくださって、「もっと作ってみては」と言われたんです。ストリップ好きな人は、ほかの人が書いたストリップの感想をとても喜んでくれる感じがします。

――確かに。私もストリップ好きな人の話を聞くことがありますが、資料が残しづらいし、男性は“エロオヤジ”と思われがち。皆さん魅力が伝わらないのをはがゆく思っているようで、一見さんが楽しんでいたり、感想を書いたりすることをとても喜ぶ傾向がありますね。

 はい、今、同人誌は友人と共同で出したものも含め、7冊出しているんですが、そうやって喜んでくれる人がいるから続けられたように思います。

――『イブニング』での連載はどういう経緯で始まったのでしょうか?

 ありがたいことに引き合いはいろいろな会社からあったんですが、何がしかの原因でうまくいかないことが何度か続いて……。講談社の担当編集さんとは、一緒に浅草ロック座の千秋楽を見に行く機会があったんです。楽日ということで、踊り子さんも涙を流しながら手を振っているし、お客さんもすごい熱気でした。そこで編集さんもすごく感動してくれて。他社での企画がなくなった時に連絡したら、すぐに連載を決めてくれました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/20/news011.jpg 飼い主の指をしゃぶりたい保護子猫、大声で激おこ→「満足です……Zzz」 別猫のようなビフォーアフターがかわいい
  2. /nl/articles/2201/20/news094.jpg 「今日もぐんぐんグルトは買えませんでした」 “雪に埋もれた自販機”を1カ月間観測し続けた道民に注目集まる
  3. /nl/articles/1902/28/news005.jpg 「お前やってることは法律に引っかかってんだよ!」 コインハイブ事件、神奈川県警がすごむ取り調べ音声を入手
  4. /nl/articles/2201/20/news010.jpg 「猫はコタツで丸くなるんですか?」「いいえ、雪道を猛ダッシュします」 兄姉犬と元気に散歩する猫がかわいい
  5. /nl/articles/2201/19/news025.jpg 「ペレットはお付けしますか?」 ハンバーグの注文でよく分からず「食後で」頼んでしまう4コマがシュール
  6. /nl/articles/2201/20/news012.jpg 守りたい小さな背中の保護子猫が、5カ月後…… ずんぐりむっくりに成長したビフォーアフターに感動
  7. /nl/articles/2201/19/news024.jpg 昔出会った不思議な小学生、10数年前ぶりに家を訪れ「ゾクリッ」 実話怪談漫画の結末が不気味
  8. /nl/articles/2201/20/news154.jpg 「2人ともスタイルが流石!」「現役可愛い」 高島礼子&とよた真帆、デパ地下で遭遇した“50代美女”ショットに反響
  9. /nl/articles/2201/20/news026.jpg 【漫画】「男の子の双子です」と言うと……「お家ボロボロにされるわよぉ」 アドバイスに戦慄するママに体験談集まる
  10. /nl/articles/2201/19/news162.jpg 「アキラかにきむすばですやん!」 声優の木村昴、『AKIRA』大友克洋のツイートに偶然写り込んでしまう

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」